1月期全塾協議会 コロナ対策協議 -「感染予防」「会合避ける」呼び掛け

全塾協議会は、1月に行われた定例会にて新型コロナウイルスに関連した肺炎に対する協議を行なったと発表した。あわせてオンライン上での議会の開催が可能かどうかの確認が行われた。

全塾協議会はツイッターを通して、手指消毒などの感染予防を互いに呼び掛けることと、会合の開催を避けることを呼び掛けている。塾生代表の後藤圭祐氏(経2)や前塾生代表の前田稔氏(商4)、全国慶應学生会連盟、全国慶應学生会連盟東京学生会、芝学友会などがツイッターにて注意喚起や情報提供を行なった。

 

次回の議会は3月下旬に開催予定だが、新型コロナウイルスの感染のさらなる拡大が起こるようであれば、踏み込んだ対策を打ち出すことが望まれる。

 

<関連記事の紹介>

感染症の抗体を紙製チップで検査可能に 理工学部が開発

 

広がる感染症の脅威 正しい知識で冷静な対応を

 

《新型肺炎》 現時点で塾生・教職員への感染は確認されず 引き続き対策を