WEB限定記事

1月期全塾協議会 コロナ対策協議 -「感染予防」「会合避ける」呼び掛け

全塾協議会は、1月に行われた定例会にて新型コロナウイルスに関連した肺炎に対する協議を行なったと発表した。あわせてオンライン上での議会の開催が可能かどうかの確認が行われた。

全塾協議会はツイッターを通して、手指消毒などの感染予防を互いに呼び掛けることと、会合の開催を避けることを呼び掛けている。塾生代表の後藤圭祐氏(経2)や前塾生代表の前田稔氏(商4)、全国慶應学生会連盟、全国慶應学生会連盟東京学生会、芝学友会などがツイッターにて注意喚起や情報提供を行なった。

 

次回の議会は3月下旬に開催予定だが、新型コロナウイルスの感染のさらなる拡大が起こるようであれば、踏み込んだ対策を打ち出すことが望まれる。

 

<関連記事の紹介>

感染症の抗体を紙製チップで検査可能に 理工学部が開発

 

広がる感染症の脅威 正しい知識で冷静な対応を

 

《新型肺炎》 現時点で塾生・教職員への感染は確認されず 引き続き対策を

関連記事

  1. 小栗康平監督講演~最新作『埋もれ木』上映と対談
  2. ビジコンで二冠 高林稜さんが創る農業の未来
  3. 【野球】第2戦、早大優勝決定~1勝1敗のタイで4日、第3戦
  4. 三田祭前夜祭 flumpoolに決定 11月8日に日吉記念館で
  5. 《一般選抜》感染症対策も徹底 必要なら追試実施へ
  6. SFC新歓実、不透明会計 責任者2名を解任 一部支出を来年度繰越…
  7. 【三田祭速報】伝統の寄席で情緒ある世界を 落語研究会
  8. NTTレゾナンドと共同研究 個人的な学習プロセスを調査 SFC研…







PAGE TOP