《新型肺炎》 現時点で塾生・教職員への感染は確認されず 引き続き対策を

慶大は26日、慶應塾生新聞の取材に応じ、現時点で塾生・教職員が新型コロナウイルスに感染したとの情報は確認されていないと明らかにした。

感染あるいはその疑いがあると診断された塾生は、速やかに慶大保健管理センターに届け出る必要がある。

慶大は公式ウェブサイト上で、手指衛生、風邪症状がある際のマスク着用、人々が密集する空間のこまめな換気といった感染対策や、発熱時の自宅待機を呼び掛けている。

(太田直希、小久保清香)