慶應塾生新聞会 三田オフィス

〒108-0073  東京都港区三田3-4-8

佐野ビル4階

Tel : 03-3454-7966

Fax: 03-6435-2573

新年特別インタビュー ラグビー日本代表 山田章仁 選手

山田
昨年のラグビーワールドカップでは、歴史的な戦いを繰り広げた日本代表。その中に、慶大出身の選手がいたことをご存じだろうか。名場面のひとつ、サモア戦で華麗なトライを決めた山田章仁選手だ。世界の大舞台で活躍する彼の慶大時代に迫った。

大学1年次から慶大蹴球部伝統の黒黄ジャージを身にまとい活躍していた山田氏の大学生活は、意外にも「ラグビー一筋」というわけではなかった。様々な分野について、多様な仲間と学びたいという思いから、慶大の総合政策学部に入学。学生の間は、自分の選択肢を広げたかったため、ラグビーにも勉強にも積極的に取り組んだ。授業でのプレゼンの経験は、ワールドカップでエディーヘッドコーチにプレゼンをするときに役立った。「1年生の時の早慶戦でスタジアムに出た時の光景には感動した。たくさんの歓声の中プレーできてよかった」と蹴球部時代の思い出を振り返る。

ラグビー、そして大学生活を通して、多様な仲間と出会うことができた。3年次には、シェアハウス、4年次には寮で生活していた経験もある。「皆で役割分担をするなど共同生活は楽しかった」。寮には留学生もおり、彼らとの交流は、海外で色々な国の人を集めたチームでプレーする際に活きている。

当時の仲間とは現在でも交流がある。「様々な道で活躍している仲間の話を聞くのが楽しい。企業の中心で働く人から仕事の話などを聞くことで、刺激をもらっている」

卒業後は、自分の一番自信のあるラグビーで勝負をしたいという思いで、迷うことなくラグビーの道へ進んだ。「自分の好きなことだから、楽しんでやれている」

現在、日本でラグビー人気が高まっていることについては「トレーニングがハードなぶん、一人でも多くの人に見てもらえることで、頑張る力になるので嬉しい」と話す。サモア戦後半には脳しんとうにより負傷退場したが、「見ている人は危険なスポーツという印象を受けるかもしれないが、プレーする側は怖さなどを感じていない。充実した復帰プログラムやサポートがあるので安心してほしい」とのことだ。

また、11月に行われたラグビー早慶戦を現地で観戦していたという山田選手。「学生の試合からも刺激を受ける。ひたむきにプレーしていて格好良い。観客も多く、大学ラグビーの人気を感じた」

自身の今後は、7人制ラグビーが行われるリオ五輪に目を向けている。「世界の舞台で活躍し良いプレーをすることで、盛り上がる。ぜひ出場しメダルを取って、みんなに応援してもらえるような選手になりたい」と意気込む。また、慶大生へ向け「自分の心に素直になって、やりたいことをやってほしい」とエールを送ってくれた。
(増田絢香)