報道

創造クラスター スーパーグローバルシンポジウムを開催

先月24日、日吉キャンパス来往舎のシンポジウムスペースで『慶應義塾創造クラスター スーパーグローバルシンポジウム』が開催された。
 
慶大が推進する、文科省の平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援事業」構想の柱となっているのは「長寿」「安全」「創造」という3つの文理融合クラスターでの研究であり、今回のシンポジウムは、このうちの「創造」に着目して開催されたものだ。
 
真壁利明常任理事は冒頭の挨拶で、国際研究発進力を高める制度を推し進めていくことや、総合大学である慶大の特徴を活かして文理融合の学際領域において国をリードしていくことなどを述べた。
 
講演は伊藤公平理工学研究科教授の司会のもと、創造クラスターリーダーの青山藤詞郎理工学研究科委員長やスタンフォード大学のシェリー・ゴールドマン氏など、計8人によって行われ、創造クラスターや各研究科における取り組みの紹介などが行われた。最後に、松田隆美文学研究科委員長による英語の挨拶でシンポジウムは幕を閉じた。
 
当日、会場では講演を熱心に聞く学生や研究者の姿が見受けられた。 

関連記事

  1. 慶大生を逮捕 自殺教唆の疑い
  2. 新たな日吉国際学生寮 ユニット式を採用
  3. 三菱電機会長が講演 仕事に対する姿勢を解説
  4. 第704回三田演説会 井田良氏「社会の変化と刑法の変化」を語る
  5. ビジネススクール集結 MBAネットワークフェア開催
  6. ’16年度ミスター慶應は川口さんに
  7. LINE乗っ取り相次ぐ
  8. グローバルCOEプログラム~義塾、3分野で採択







PAGE TOP