《受験生応援特集》俳優・西垣匠さん(政4) インタビュー

「いいか、自分の信じる道をいけ!」― 昨年、大きな話題となったドラマ「ドラゴン桜」。見ていた受験生も多いのではないでしょうか。

そんな「ドラゴン桜」での岩井由伸役や「消えた初恋」の仲林大翔役など話題ドラマに次々と出演。現役慶大生で俳優の西垣匠さん(政4)から慶大受験生へ、応援メッセージをお届けします。

 

 

――もうすぐ慶大をご卒業ですが、在学中の4年間で一番の思い出はなんですか

全部が濃い4年間でしたが、やはり入学式ですかね。

慶大に入ったおかげで、友達ができて。その友達に後押しされて、ミスター慶應コンテストに出て。そのおかげでスカウトされてこの業界に至りました。すべてがつながっていて、慶大に入ったことがスタートラインだったのかなと思います。今振り返ると、入学式から少しずつ変わり始めていたのかなと。

また、1年生の必修の「法学」の授業で、できたばかりの友達と夜遅くまで問題を出し合って、必死にテスト勉強したのもいい思い出です。

 

――芸能界に興味を持ったのはいつからですか

もともと興味はずっとあったのですが、表にでる人間ではないと思っていました。小さい頃から映画を観るのが好きで、大学3年生の頃は広告代理店や映画配給会社で働くのもいいなと思っていました。

ちょうど周りが就活をしていたので、焦ってES(エントリーシート)を書いた時もありました。でも、仮に僕が広告代理店で働いたら、広告に起用する俳優を提案したりするんじゃないかと思ったんです。そのときに「もし自分が提案される側にいたら……」という後悔をするくらいだったら、チャレンジしたいと思いました。

 

――学生生活と芸能活動を両立する中で、大変だったことはありますか

芸能活動を始めたのが、コロナ禍だったので、全部オンライン授業で助かっていましたが……「ドラゴン桜」の撮影期間が大変でした。ちょうど期末レポートの時期とかぶっていたんです。行きのロケバスの中で授業を見て、レポートを書き、帰りのロケバスで提出するといった時期を過ごしましたね。特に東大専科に入ることになった、第8話以降の撮影は忙しかったなと思い出します。

 

――慶大の良いところはどこだと思いますか

能動的に動ける人が多いこと、またチャレンジ精神が旺盛な人が多いことですかね。起業したり、勉強やインターンを頑張ったり、何か目的をもって頑張っている人が多いことは大変刺激になります。

僕は来年社会人になっても、ずっと俳優を続けていく一方で、友達の多くは就職していきます。違うフィールドであるとはいえ、お互いに切磋琢磨できる人が多いのは慶大の魅力だと思います。




(次ページ:俳優としての活躍・「ドラゴン桜」でのエピソードにせまる)