スポーツ

【足跡】三塁コーチャー 塩健一郎選手

「切り替えていくぞー」「1点ずつ取り返していこう」。攻守交代時、慶大ベンチの前では、塩健一郎選手(文4)がいつも人一倍の声を張り上げていた。

塾高在籍時は副将かつ外野の要としてチームを引っ張った。しかし大学では肩を痛め、実戦から遠ざかってしまう。それでも「試合に関わりたい」との思いから、学生スタッフの中でも三塁コーチャーに手を挙げた。神宮のグラウンドに立つことへの憧れもあった。

早大2回戦。2死一、二塁から照屋の二ゴロを相手野手が落球したのを見て、一度は前に出した腕を瞬発的に大きく回した。「(二塁走者)倉田がよく走ってくれた」と試合の突破口となった好判断にも控えめだった。

1年次は選手サポートで精一杯で、優勝を実感する余裕がなかった。最終年、優勝の味は。「下級生に優勝の体験を残してあげることができた。それが何より嬉しいです」。そう言って安堵の表情を浮かべた。

大学卒業後は、教員の道へと進む。「顧問としてまた野球に携われたらと思います」。自身3度目の優勝を狙う。
(広瀬航太郎)

関連記事

  1. ラグビー 開幕3連勝を達成
  2. 【バスケ】関東大学リーグ 健闘むなしく7位
  3. 体育会水泳部葉山部門 その歴史は100年 海上での自分自身との闘…
  4. 対抗戦5位に終わる 大学選手権も予選敗退
  5. サッカー 強豪破り2位キープ 課題は決定力不足
  6. 三田キャンパスに潜むペンマークを探せ!
  7. 【KEIO 150】第二部 塾員との150年(4) 作曲家 千住…
  8. 【記者の眼】大学野球 美談では済まない投球過多
PAGE TOP