【人物列伝】パナソニック社会文化グループマネージャージャズピアニスト小川理子氏

「人類の叡智を超えたところにサイエンスはある。
その中で、音楽という得意分野を生かしたかった」

 小川理子さんは大阪から上京し、慶大理工学部

に入学。電気工学科へと進んだ。 元々は聴覚の

メカニズムに興味があったが、当時の慶大には、

まだ設備が整っていなかった。

そこで誘われたのが、生体リズムの研究である。幼い頃から音楽に囲まれて育った小川さんは
夢中になった。 「リズムとは、音楽に限らず生物にとっても根源的な要素。呼吸・心拍・臓器など、あらゆ
る体の営みはリズムを持っている。そのリズムが、月の満ち欠け、潮の満ち引きといった宇宙
のリズムと連動していることに気付いた」と話す。 
 卒業後は、松下電器産業(現パナソニック)の音響研究所に入社。「心地いい音」を求めて、
音響機器の開発に没頭した。 一方、音楽活動については、3歳から続けていたクラシックから転向して、
在学中にジャズバンドを結成した。 「クラシックを習っていた頃は、先生から与えられた曲が好きになれな
かったら練習できなかった。即興で演奏するジャズのほうが、自分には合っていたのかも」と笑顔で語る。
「レコードが自分の師匠だった」と振り返るように、独学でジャズを勉強したそうだ。
 社会人になってからは、しばらくジャズから離れていたが、「また音楽をやらないか」と上司に誘われ、
音楽活動を再開。7年のブランクを克服し、1997年には、初の海外公演を経験。その後も、パナソニック
の社員として働きながら、休日はジャズピアニストとして活動した。2003年には、念願の全米デビューも
果たした。
 「まさか、またジャズができるとは思ってなかった。あのときの決断が人生の分岐点だった」
 現在、小川さんは社会文化グループのマネージャーとして、社会貢献の場で活躍している。
 「異動が命じられた当初は、見ること聞くことすべてが初めてで、驚きと発見の連続だった。しかし、
今となっては社会貢献という分野に大きなやりがいを感じる」と言う。 「自分のピアノが生かせるなら」
と去年の10月には、NGO「難民を助ける会」の創立30周年を記念して、チャリティーコンサートを実施した。
 「日本市場はすでに飽和状態。世界で持続的な企業活動をするためには、今まで国内中心だった社
会貢献も、海外にシフトする必要がある」と語る。 そうした情勢も踏まえ、日本の大学生には「もっと外
向きの活動をして、多様な文化を受け入れることのできる『感性のアンテナ』を広げて欲しい」と話す。
 安らぎをもたらすリズムを創作するために、音響研究員として、ジャズピアニストとして奮闘してきた
小川さん。 そこで研ぎ澄まされた感性が、社会貢献という新たな舞台でも如何なく発揮されている。
         (横山太一)

編集後記…

 小川さんは慶応との関わりも深く、三田会などでも演奏活動を行ってきました。
また2005年には、「仕事と音楽活動を両立している」ことが評価され、理工学部
同窓会から表彰されました。
 限られた時間のなかで、小川さんが常に意識していることは「いかに質を高め
るか」ということ。
 好きなことをやっている以上、仕事も音楽活動も妥協したくないという強い姿
勢を、その言葉が物語っていると思いました。