《サークル紹介》竹之会

竹之会は、今年で創設110年目を迎える歴史ある和楽器サークルです。箏・尺八・三味線の三つの楽器の演奏を行っており、一つのサークル内で複数の和楽器を合奏できるのも特徴です。主に古典楽曲を演奏することが多いですが、現代曲にも挑戦しています。箏・三味線では、楽器を演奏しながら歌も披露したりします。

部員のほとんどは大学に入ってから演奏を始めた初心者です。週に1度、先生によるお稽古があり、一から教えてもらえるため初めての方も安心して続けています。また練習は好きな時間帯に来て帰るという形式なのでアルバイトや兼サー先と両立できます!ここでは竹之会で演奏されている三つの楽器の魅力をそれぞれ紹介していきます!

古箏、カヤグム、ヤトガ……アジア各地に箏に似た楽器は存在します。しかし!お箏を和楽器たらしめているのはその調弦。一から巾まで13の弦を撫でれば、それだけで日本的な美しい音色を発します。1000年の伝統を培ってきたこの楽器で美しい邦楽を奏でましょう!

三味線

三味線といえば、津軽三味線をイメージするかもしれませんが、竹之会で扱う三味線は少し違い、繊細で豊かな音色が特徴です。右手で撥を振るだけでなく左手でも弦をはじくなどして音を奏でる、非常に奥が深い楽器です。大学からの初心者が多いので、安心して始められます!

尺八

尺八とは、長さ一“尺八“寸(約50センチ)、穴五つの縦笛です。単純な構造ですが、なんと、息や指などの使い方次第で様々な音色が出ます。吹く人によっても雰囲気が変わり、とても奥深いです。先生の丁寧な指導や相性の良い尺八の貸し出しがあり、安心して始められます。私達と一緒に、尺八で色々な曲を奏でてみませんか?

慶大の中でも、竹之会は一つの楽器に特化せずに複数の楽器で演奏し色豊かな音色を作り上げることができる数少ない音楽系サークルの一つです。部員は学年問わず仲が良く、和楽器に留まらずバーベキューやバトミントンをするなど和気藹々と活動しています。また、日本文化にふれたいという留学生も在籍しているので国際色豊かで、居心地の良い雰囲気の良いサークルです。竹之会への入会は学年も入会時期も問いません。楽器経験がない方も大歓迎です。活動場所は日吉キャンパス食堂棟3階の和室、あるいは部室324です。見学や体験はいつでもお待ちしています!あなたもきっと、和楽器の素敵な音色に魅了されるはず!