ノープラン&コロナ禍でも大満足の旅in大阪・静岡

みなさんはじめまして!今回の塾生新聞会旅行記連載を担当します、山下和奏です。趣味は読書・美術館巡りとかなりインドア派な私ですが、夏休みに旅行に行ったので、記念に紹介してみようと思います !

実家のある広島から神奈川に帰る道中で、「せっかくなら観光して帰ろう!」という軽いノリなので、かなりノープランになってはしまいましたが、とても楽しかったです。旅行気分を皆さんもぜひ味わってくださいね!

広島県を出発!


まずは広島を出発するのですが…。見てくださいこの電車!車体がとてもかっこよくないですか⁉(写真撮るのが下手で全身移ってはいませんが……)

これはJR西日本227系という電車で、広島ではレッドウィングという愛称で呼ばれています。2019年から広島地区の全ての電車はこのレッドウィングに統一されたそうです。レトロな電車も可愛いのですが、近未来的なこのボディも魅力的で大好きです!

この写真は、広島東洋カープバージョンの電車で、選手や各シーズンのスローガンが派手にデザインされています。試合のある日には、ユニフォームを着た人で電車の中が真っ赤になるんですよ~!

新幹線に乗り換えて、ようやく大阪につきました。この旅行のメイン1つ目、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の観劇です!

となるはずだったのですが、緊急事態宣言の影響で、旅行の2日前にミュージカルの中止が発表されてしまったんです……。とても残念でしたが、来年には客席がいっぱいの状態で観劇できることを心待ちにしています。待てば待つほど、実現した時の喜びは増しますからね!

念願のユニバーサルスタジオジャパンへ!

ホテルで目を覚ませば、旅行の2つ目のメインであるユニバです!!!

突然ですが、皆さんは「USJ」派ですか?それとも「ユニバ」派ですか?関西の人は「ユニバ」、関東の人は「USJ」と呼ぶ、という話をよく聞きますよね。ちなみに私は「ユニバ」派です!

今回のお目当ては、3月18日にオープンした「スーパー・ニンテンドー・ワールド」!マリオカートをテーマにした、「マリオカート ~クッパの挑戦状~」をはじめとして、幼い頃から親しんできたマリオの世界に入り込めてとても楽しかったです。エリアのいろいろな場所にハテナボックスなどが設置されていて、マリオやルイージの被り物を被ったたくさんの人がマリオ達になりきっていました。

新型コロナウイルス蔓延防止のために、各アトラクションの前後に消毒する必要があったり、レストランには仕切りがあったり、と様々な制約がある中でも満足に楽しむことが出来ました。

現在5000人の入場人数規制を行っているようで、どのアトラクションも10分程度の待ち時間で乗ることが出来ました!そこはコロナ禍の嬉しいポイントでした。かわいいキャラクター達と、そして友人たちとも密に触れ合って写真を撮れる日常に早く戻るといいですね……。

1人でも楽しめる大阪の観光スポット!

ホテルのチェックアウトを終えて、1人向かったのは国立国際美術館です!現在の展示は、「鷹野隆大毎日写真1999-2021」と「久保田成子展」でした。

はじめに「鷹野隆大毎日写真1999-2021」を鑑賞しました。その名の通り毎日写真を撮り続け、その日常の一瞬一瞬を切り取った写真が展示されていました。

駅や道路など様々な被写体があったのですが、特に気に入ったのが上の写真にある「日々の影」というものです。毎日同じ場所で同じポーズをとっているのに、影の高さや色の濃さが少しずつ変わるのが面白かったです!生活している日常の中で、そのような何気ない部分に焦点を当てるのは、興味深い着眼点ですよね。

ほかにも、光を浴びると緑になる壁を用いて自分の影を壁に映して写真を撮れる体験型ブースなどもありました。自分の影とハイタッチできるという、めったにない体験でした!

もう一つの「久保田成子展」では、映像と彫刻が融合した新たなアート作品がたくさん展示されていました。何が表されているのか正直全然わからなかったのですが、今まで見たことないような作品の数々で、ただただ衝撃でした……!

国立国際美術館を出た後は、THE大阪の観光スポットの1つである大阪城に行ってきました!近くから見る天守閣には圧倒されました。各フロアには、豊臣秀吉関連の書物や鎧などが展示されていて、ゆっくり楽しめました。

最上階には展望台が設けられていて、大阪の街を見渡せるんです!天気は残念ながら曇りでしたが、それでもさまざまな建物が遠くまで見られて大満足でした~。

その後は道頓堀でたこ焼きを食べたり、シンボルでもある「かに道楽」の大きな蟹の写真を撮ったり、と大阪の定番観光地を巡ることができて大満足でした!

餃子といえば……?

深夜バスで浜松に向かったお目当ては、浜松餃子です!餃子と言ったら栃木県の宇都宮餃子だと思っていたのですが、栃木出身の友達が「浜松餃子の方が好き」と言っていたので、興味が湧いて食べに行ってきました。

中身は野菜がたっぷり入っていてヘルシーなので、餃子屋さんを何軒も巡る観光客の方もたくさんいるそうです。平日の昼間にもかかわらず長蛇の列ができていたので、地元の人にも観光客にも好かれる浜松のソウルフードに違いありません!

おわりに

これにて私の旅行記は終わりです。旅行は1人でも複数人でも楽しいものですが、思い出を共有できるのが複数人での旅行の醍醐味ですよね!自粛期間が終わって、海外旅行や大人数での旅行が出来るようになる日を祈るばかりです……。では、次の記事でお会いしましょう!読んでくださってありがとうございました!

(山下和奏)