報道

相互接続実験に成功~山中研究室

 慶應義塾大学理工学部情報工学科山中研究室は、独立行政法人情報通信研究機構及び株式会社KDDI研究所と共同で、イーサネット仮想専用線自動設定技術を開発。キャリア間相互接続における自動回線接設定による相互接続実験に、世界に先駆け成功した。
 イーサネット技術の進展に伴い、イーサネット専用線の需要が増加しており、これに対応するために、イーサネット仮想専用線を自動的に設定する技術が求められている。    
 しかし、現在の技術では非常に煩雑な設定作業や高度な運用技術を必要とされるため、相互接続が困難とされてきた。
 今回の成果は、複数のキャリアにまたがる世界規模のイーサネット仮想専用線ネットワークを実現するための基本技術となることが期待される。
 相互接続実験の成功を踏まえ、今後もキャリア間ネットワーク相互接続の確立と、日本発の国際標準化獲得に向けた研究開発を推進していく予定。

関連記事

  1. 塾生が大麻所持で逮捕~再発防止訴えるも効果なく
  2. 三田正門前に新施設~来年1月完成予定
  3. 慶大、ワクチン接種の詳細を発表 16日より予約始まる
  4. Think サッカー ~データからサッカーを考える~ スポーツに…
  5. 東京五輪 英国チーム利用に向け覚書締結式
  6. 体育会と地域住民一体に~下田 桜フェスタ開催
  7. 【平成25年度卒業式】6427人が旅立つ 卒業25年の塾員も集結…
  8. 大阪シティキャンパス開設 







PAGE TOP