《ミスター慶應2019》Entry No.2 法学部政治学科2年 西垣匠一郎

―コンテスト出場のきっかけは何ですか。
大きなきっかけは友達からの推薦でした。また、今年のコンテストのコンセプトである「挑戦に、自由を。」という言葉にも影響を受けましたね。大学に入学してから、それまでずっと続けていたフェンシングを辞めて普通に大学生活を過ごしてきたので、ここで挑戦をして何か残したいなと思い、エントリーしました。

―慶大生で良かったことはありますか。
インドアな僕を外に連れ出してくれて、いい経験をさせてくれる面白い友達にたくさん出会えたことです。

―アピールポイントは何ですか。
笑顔です!ミスターの撮影が始まって以来、笑った顔が素敵だとよく言われます。

―休みの日は何をして過ごしていますか。
スーパーインドア派なので、家で映画やユーチューブを見ていたり、スマホゲームをしたりして過ごしています。最近は、マリオカートや大食い動画にはまっています(笑)。映画だとアメコミ作品が好きで、この前も『ジョーカー』を観に行ったのですが、面白かったですね。

―好きなタイプは何ですか。
たくさん話してくれる人に惹かれます。僕自身は、自ら話をするより「うん、うん」と相手の話を聞いている方が好きです。後は、元欅坂46の長濱ねるさんみたいな、ゆるくてふわっとした感じの顔がタイプですね。

―最後に読者へメッセージをお願いします!
本番まで残りわずかとなっていますが、全力で頑張りますので応援お願いします。ぜひ、24日のステージも見に来てください!