慶應塾生新聞会 三田オフィス

〒108-0073  東京都港区三田3-4-8

佐野ビル4階

Tel : 03-3454-7966

Fax: 03-6435-2573

プロ野球ドラフト会議、慶大から2人指名

 

プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が26日に行われ、慶大から木澤尚文選手(商4)が東京ヤクルトスワローズから1位指名、佐藤宏樹選手(環4)が福岡ソフトバンクホークスから育成1位指名を受けた。慶大の選手が1位指名を受けるのは2016年に広島東洋カープから指名を受けた矢崎拓也(旧姓加藤)選手以来4年ぶり。会見の一問一答は以下の通り。

 

木澤選手

 

(慶應義塾広報室提供)

―1位指名を受けて

「まさか1位で呼ばれるとは思っていなかったので驚いている。こういう評価をいただいたからには、東京ヤクルトスワローズに尽くしたい。いち早く戦力になれるように努力していきたい」

 

―日本で12人しかいないドラフト1位だが

「素直に嬉しいが、その分注目されプレッシャーもかかる立場でもあると思う。そこに打ち勝っていかなければいけない」

 

― ヤクルトの印象

「慶應義塾野球部も神宮球場でプレーをするのでそこが本拠地ということでとても縁を感じる」

 

―教わりたいヤクルトの選手は

「教わりたいとは意味が違ってきてしまうが、先日五十嵐選手が引退試合をされた。自分も五十嵐選手のようにファンから愛される選手になりたい」

 

―対戦してみたい選手は

「今はどういうレベルなのかもわからないので、具体的な名前を挙げることはまだできない。まずは一軍のマウンドで投げられるように準備したい」

 

―自分のアピールポイントは

「力強い直球と鋭い変化球をストライクゾーンにしっかり腕を振ってどんどん投げ込んでいけるところ。まず自分自身ができることをしっかりアピールして、どんどん成長していかなければならないと思っている」

 

―自分の中で一番大切にしている投手成績指標は

「奪三振率を取り上げてもらえることが多いが、今季のリーグ戦では勝率を意識してプレーしている」

 

―今感謝を伝えたい人は

「たくさんの指導者の方々や仲間に支えていただいたが、それも全て両親あってのこと。まずは両親に報告したい」