慶應塾生新聞会 三田オフィス

〒108-0073  東京都港区三田3-4-8

佐野ビル4階

Tel : 03-3454-7966

Fax: 03-6435-2573

プロ野球ドラフト会議、慶大から2人指名

 

―大学野球での目標

「今年は明治神宮大会が中止になってしまい、日本一は達成できなくなってしまったが、まだリーグ優勝の目標が残っている。残りの早慶戦を勝ちきり、全部員の思いが報われるように、自分も勝利に貢献したい」

 

―神宮球場に対する思い入れは

「神宮球場でたくさん嬉しい思いも苦しい思いもしてきた。神宮のマウンドで感じた悔しい思いを晴らすために練習してきた。これからもそうした場でプレーする機会をいただけたことが素直に嬉しい」

 

―自身のターニングポイントは

「2年生の秋に優勝が懸かった早慶戦の先発を任されたが、そこで3回で降板することになり、結果としてチームが負けてしまい、すごく無力さを感じた。その経験からまた一段と努力できた」

 

―レベルの高い動機の投手陣をどう感じて成長したか

「レベルの高い選手ばかりで、焦りを感じることもあったが、互いに切磋琢磨しながら今こうして優勝目指して戦えることを非常に嬉しく思う」

―今季成長を感じる部分

「春リーグが終わり、走者を出してから粘れない部分が課題に挙がった。夏に克服し今季は、多少点を取られる試合があるが、内容が良くなくても試合を作れるようになった」

 

―今後の課題や伸びしろは

「直球や変化球のキレといった自分の良さは無くさないようにしたいが、そうしたボールを精度良く、再現性高く投げるという部分ではまだ学生レベルだと感じている」

 

―プロ行きを決めたタイミングは

「昨年末、大学日本代表の選考合宿が終わった後。自分の進路を考える中で、もっと上で野球を続けていきたいという思いからプロを志望した」

 

―先発か中継ぎかというところにこだわりはあるか

「自分自身、先発かリリーフかというところにこだわりはない。『ここで木澤に投げさせたい』という思いでマウンドに送り出していただければ、先発でもリリーフでも関係なくやりがいを感じるタイプ。必要とされるところで頑張りたい」