2大エースに聞く 今季から来季に向けて

新体制が発足して初めてのシーズンで東京六大学リーグを制し、全国大学野球選手権大会でも好成績を残した硬式野球部。その快挙を振り返る際に欠かせない存在といえば、竹内大助と福谷浩司だろう。慶大の2大エースとして両輪をなす2年生投手として、今季を通じて何を思い、来季に向けてどう発進するのか。     (聞き手は内田遼介)

最高152㌔の直球が武器の右腕・福谷
最高152㌔の直球が武器の右腕・福谷

福谷「精神的支柱に」 竹内「チーム内で競争を」

 ――今シーズンを振り返って。
 福谷 「神宮未勝利の投手陣から始まり、大助のノーヒットノーランや優勝。波乱のあるシーズンだったが色々な経験ができた」
 竹内 「経験豊富な野手陣に引っ張ってもらいっぱなしのシーズンだった」
 ――中林選手が引退し、投手陣はみな神宮未勝利と経験をあまり積んでいませんでしたが、プレッシャーはありましたか。
 福谷 「なかった。大助がいたから気楽にやれた」
 竹内 「逆に何も成績がないということで、気にしないで投げられた」
 ――早慶戦3戦を通して得られたことはありますか。
 福谷 「負けられない試合に3戦とも投げられたということが有意義だった。早慶戦は考えていた以上に楽しかった」
 竹内 「優勝がかかった早慶戦というかなり盛り上がった試合の中で、いきなり(自分が)投げてもいいのかなと思った。楽しめたというのが一番」
 ――2人はお互いの投球についてどのような印象をもっていますか。
 福谷 「無難に抑えていく感じ。打たせて取るというのをしっかりやる信頼できるエース。タイプは違うが、こんなピッチャーになりたいというのはいつも思っている」
 竹内 「ガツガツまっすぐ。自分にはない部分なので、とてもうらやましい」
 ――2人の目指している投手像は。
 福谷 「リーグ戦だと早大の大石が目標。先発やチームのみんなをを安心させるような精神的な支柱になりたい」
 竹内 「負けないピッチャー。自分たちがとった点数より少ない点数で試合を作れる投手になりたい」
 ――全国大学野球選手権で感じたことは。
 福谷 「六大でやってきたことをすべて出そうと思っていたので、逆に六大のレベルの高さを感じた。勝てない相手だとは思わなかった」

今季リーグ最多勝を誇る左腕エース・竹内大
今季リーグ最多勝を誇る左腕エース・竹内大

 竹内 「六大より細かい野球が印象的だった。どんどんインコースを攻めていかないと通用しないと思った」
 ――来シーズンに向けての課題と目標は。
 福谷 「今季優勝したことで周りからそういう目でこれからも見られることは必至だと思う。これまで以上の練習量をこなさなければならない。来季は今季出なかった投手たちとも全員で勝ちたい」
 竹内 「正直勢いで勝てたというところもあったので、来季は簡単にはいかないと思う。自分もまだまだ未熟なところが多いので、またチーム内で競争して先発の座を狙いたい」