CAMPUS IDOL

《CAMPUS IDOL》 文学部2年 小菅詩織さん

今回のキャンパスアイドルは、文学部2年の小菅詩織さん。キラキラとした可愛らしい笑顔が、鮮やかに輝く夏の太陽とよく似合う。

好きな男性のタイプについて聞いてみると、優しくて包容力があり、男らしさもありつつ可愛らしさもある人だという。はにかみながらそう語る彼女の虜になる者は、後を絶たないだろう。

彼女が普段から心掛けているのは、笑顔でいることや人と積極的にコミュニケーションをとること。大学は友達を作るのが難しく、特に文学部では2年から専攻に分かれるため、話したことがない人も多い。そんな環境でも、自分から挨拶をしたり、「隣の席に座っていい?」と声をかけたりすることで、色々な人と関わるようにしているという。

最近彼女がはまっていることは「タピオカ巡り」。お店によって違うタピオカの大きさや味、食感を楽しむのが好きで、その中でも大粒でもちもちした黒糖タピオカがお気に入りだそう。「毎日飲んでいます」と茶目っ気たっぷりに語る彼女の手にはタピオカミルクティーが握られている。おいしそうに飲む姿を見ると、こちらまで幸せな気持ちになってくる。

彼女の魅力はそんなおっとりとした可愛らしさだけではなく、その真面目さにある。授業をきちんと受けながらも、バイトを2つ掛け持ちしている。将来自分がやりたいことを見つけるために、今は様々な考え方を知り、視野を広げたいと目を輝かせながら話す。

彼女が目指しているのは、ちゃんと自分の意見を言える自立した女性。周りの人への感謝を忘れず、思いやりに溢れた彼女の存在自体が、周囲を幸せにする。そんな彼女のこれからがとても楽しみだ。

(タピフレ)

関連記事

  1. 《好きの1ページ》第1回 文房具のひみつ〈前編〉
  2. 【CAMPUS IDOL】文学部1年 松村英奈さん
  3. 《かげおくり》
  4. 20歳のカタチ 第一回 東京工業大学の20歳たち
  5. 【慶應俳壇】 3回~戸を開けて耳の涼しくなりにけり~ 
  6. 【ひと、生きる】弓術部 礒野晋作さん
  7. 《甲子園という魔物》(第3回)絶叫実況「慶應サヨナラー」 甲子…
  8. 《働き方ケイカク》第8回 非正規雇用 変化する社会のあるべき労働…
PAGE TOP