【六大学野球】優勝遠のく痛い連敗

慶大は2回に失った4点が最後まで重くのしかかり、打線も好投手星の前に5安打と抑え込まれ、屈辱の2試合連続完封負け。春季リーグ王者明大に実力を見せつけられた。

明大戦第1戦、慶大は絶対的エース加藤拓(政4)が苦しみながら7回3失点と試合を作るも、打線はプロ注目投手柳の前に散発1安打に抑えられ、東大第2戦最終回で粘り強さを見せた打線が沈黙。勝って対戦成績を五分に戻したい慶大の大久保監督は第2戦の先発マウンドに髙橋佑(環1)を送り出した。

初回、髙橋はリズムよく3者凡退で明大打線を抑えるも、2回強力明大打線に捕まる。四球と安打で無死1、2塁とピンチを迎え、逢沢のバントを郡司(環1)がサードへ送球エラー。守備のミスでリズムを作れず、今日も先制点を献上してしまう。その後も嫌な流れを断ち切ることが出来ない慶大は8番東原の2点タイムリーと投内連係のミスで4点を先取され、先発髙橋は後続を抑えるも2回4失点でマウンドを降りる。髙橋の後マウンドに上がった小原大(環4)は3回から7回途中まで1失点に抑える好投を見せ味方の反撃を待つ。小原の好投に応えたい慶大打線であったが、ランナーを出すも鋭い当たりが守備の正面を突く不運もありチャンスを作ることが出来ない。7回、制球の安定しない水野から2つの四球を選び、代わった斉藤からも四球で2死満塁のチャンスを作るも、今日2番に抜擢された重田(環4)が二ゴロで凡退し、数少ないチャンスにあと1本が出なかった。

結局、終わってみれば明大5安打、慶大4安打と両チームともにチャンスは少なかったが、慶大はリーグ屈指の投手陣の前に今日も淡々とスコアボードに0を重ね、最後までホームベースが遠く2連敗。春の雪辱を晴らせなかった。

しかし試合には敗れたものの、春季明大戦の屈辱の18失点からひと夏を超え、投手陣は確実に力を付けてきている。秋季リーグ開幕からマスクを被り続ける郡司は「(第2戦以降の)投手陣の成長を感じる」と手ごたえを口にし、大久保監督も「実力差で打たれる時も当然あるが若い投手が頑張ってくれている」と話す。その投手陣のなかでも昨季、早慶第2回戦で好投した髙橋はエラーがらみで4点を奪われるも1年生らしからぬマウンドさばきを見せる。小原も「春季よりも良くなっている」と手ごたえを口にするように、明大戦途中から投げ好投を見せるなど第二戦以降の投手陣に明るい兆しを覗かせた。

低迷する打線の中でも沓掛(商4)は今日2安打を含む全打席出塁とひとり息を吐き法政戦に向け明るい好材料となった。そして怪我のため戦列を離れていた岩見(総3)は試合後「怪我の状態はもう大丈夫。迷惑をかけてしまった分まだ優勝の可能性はあるので法政戦全力で臨みたい」と頼もしいコメントを残し神宮を後にした。

試合後大久保監督は「星投手の早い球に対応できなかった。リーグの中でもレベルの高い投手がいる明大には昨日の試合と同様、ロースコアの展開に持ち込めないと勝てない。(勝敗を分けたのは)少ないチャンスをものに出来たか出来なかったかの差。(次の法政戦へのキーマンを問うと)2試合通じて山本瑛(商4)と沓掛とといった4年生は打線の中でがんばりを見せてくれている。2、3年生にも頑張ってもらいたい」と下級生の選手に奮起を求めた。最後に「今日も多くの人に神宮に足を運んで頂いた。今日は勝ち点獲得できなかったが早慶戦まで諦めず応援して頂ける試合をしていきたい」と法政戦に向け巻き返しを誓った。
(香西朋貴、川津徹朗)