【六大学野球】明大・柳の前に完封負けを喫す

慶大打線の前に立ちはだかったのは、またもやプロ注目の明大・柳だった。慶大打線は、柳の前に散発1安打に封じこまれ完封負けを喫した。

慶大は初回、河合(総2)が四球を選ぶも、牽制で刺されチャンスの芽を摘まれてしまう。その裏、先発加藤拓(政4)は2つの四死球と安打で満塁のピンチを迎え、6番牛島に犠飛を打たれ、先制を許す。更に2回、明大は打撃好調の吉田の3塁打を皮切りに柳の犠飛で2点目を挙げる。

初回以降、4回までランナーを出すことが出来ない慶大は5回、先頭山本瑛(商4)のチーム初ヒットとなる2塁打とバッテリーエラーで無死3塁の好機を作る。しかし早めに追いつきたい慶大の強行策は裏目に出てしまい、後続が続かずこの5回にもスコアボードに0を重ねる。結局、その後チャンスらしいチャンスを演出することができず迎えた9回、慶大は突如コントロールを乱した柳からニ者連続四球でチャンスをもらう。しかしここでも、後が続かず無得点でゲームセット。勝ち点獲得に向けた大事な初戦で勝利を収めることができなかった。

7回3失点の先発加藤は「チームが先制する前の早いイニングで点をとられてしまったのは反省点。相手投手が柳ということは特に意識はしなかったです。明日は勝つしかないので自分自身、今日のことは反省して明日に向けて準備したい」と話した。大久保監督は試合を振り返り「今日の試合は為す術がなかった。加藤はちょっと力が入りすぎていた。ロースコアのゲーム展開を考えていただけに、3点目をとられてしまったことが最後まで響いた。最終回も2点差であればちょっとは状況が変わっていたかもしれない。(明日の試合は)負けたら終わりなので全力で臨みたい」と悔しい表情を浮かべながら明日に向け前を向いた。
(香西朋貴、川津徹朗)