報道

ルーヴル主催~初のサマースクール

 7月30日から8月1日にかけての3日間、ルーヴル美術館、慶應義塾アート・センター、日本経済新聞社主催によるルーヴル美術館サマー・スクールin Japanが三田キャンパスにて開催された。これまでに日本でルーヴル美術館のコレクションの特別展は行われてきたが、今回のようなサマースクールは初めての試みとなり、多くの人が関心を寄せた。

 30日午前の一般公開セッションではルーヴル美術館のジャン=リュック・マルティネス氏、カトリーヌ・ギヴ氏、クリストフ・モナン氏から最近のルーヴル美術館の活動について講義が行われた。講義では、コレクションの展示、美術館を取り巻く環境を考え政策を立てるパブリック局、展覧会を補うための文化的制作物についての紹介がなされた。昨年は830万人を超える入場者数を誇った美術館であるだけに、その運営の実践的手法を学びとろうと、熱心に耳を傾ける聴衆が目立った。

 また、一方的な講義形式だけでなく、30日午後から最終日にかけてワークショップ形式で美術館が取り組むべき課題について討論するプログラムも用意され、選考で選ばれた受講生が参加した。

関連記事

  1. 《働き方ケイカク》第8回 非正規雇用 変化する社会のあるべき労働…
  2. 山口佳巳写真展 ~「星の王子の砂漠を歩く」
  3. 《働き方ケイカク》第2回 ベーシックインカムの時代は来るか
  4. 小泉信三記念講座 腸内細菌の可能性を示唆
  5. 【4学期制】3学部が導入を決定
  6. ロンドン五輪 メダル獲得
  7. 全塾協議会選挙 今年は2組が立候補 ネット広報で知名度向上図る
  8. 新入生6656人 慶大の仲間入り







PAGE TOP