サッカー

【記者の眼】ソッカー部 増田湧介(MF)

記者の眼 圧縮3年半ぶりとなる早慶戦勝利。主将増田の一撃が試合を決めた。「決して力まずに、しっかりと振りぬくことを意識した」と本人が語るように、お手本のような完璧なボレーシュートだった。前回の早慶戦勝利での決勝点を決めたのも増田。「あいつは持ってる」と須田監督も手放しで称賛する。

昨年までともにプレーした武藤嘉紀(FC東京)や、一個下の端山(総3)のような華やかさはない。しかし、圧倒的なハードワークを可能にする強靭なフィジカルと献身性、GK以外のポジションならどこでもこなすユーティリティ性と、彼らにはないものを増田は持っている。

また、そのキャプテンシーも彼の魅力の一つだ。インタビューの時に見せる寡黙な印象とは裏腹に、試合中は声を荒げて味方を鼓舞する。その姿は、まさに「闘将」そのものだ。

インカレ出場を決めた金沢星稜大戦後、増田は「インカレ出場は通過点。目標はあくまで日本一」と語った。その言葉通り、増田は慶大を日本一の高みへ導けるか。4年間の集大成となる戦いに臨む。

関連記事

  1. 箱根駅伝予選会 悲願の箱根出場ならず
  2. 自転車競技部 年初めに好成績 クラス2Bで逆転優勝
  3. リーグ戦第4週・vs専修大~高い壁から超えたことの意味とは
  4. 野球部、連敗スタート~終盤粘れず逆転負け
  5. 《CAMPUS IDOL》薬学部薬学科3年 伊藤祐佳さん
  6. 射撃早慶戦 5連覇ならず
  7. セーリング女子レーザーラジアル級 土居愛実さん(環1)
  8. 「今年は自分が引っ張る」 ソッカー部・増田選手 プロへの夢が原動…
PAGE TOP