喊声

喊声 八月号

「なにもやってない」。そんな言葉と現実の自分への違和感に踊らされて、気が変になってしまう夜は誰にでもあるのではないだろうか▼とにかくそこから逃げ回るため、ある人は、難しい本を読みふけるかもしれない、人を見てうらやみそしるかもしれない、友人と酒をたらふく飲んで気を紛らわすかもしれない▼イタリアには「amare mangiare kantare」という言葉がある。「愛して、食べて、歌って」という底抜けに人間らしい言葉。愛すべきものを愛し、「おもしろく」生きていくという言葉▼若い私達に今、やるべきことを必死になって探すことは必要だ。しかし、時間をかけて取り組むべきではないか。焦って、強張った表情になってはいないか。いつか、自分を必要としてくれる場所があるだろうとのんびり構えてはいけないのか▼そんな姿勢を大人達は、若者論を振りかざして後ろ指をさすかもしれない。それでもいいではないか。「天職」。それは英訳すると「calling」▼怖い顔をしてせかせかしている人間に魅力は感じられない。私は、今という青春をうたいあげて、呼ばれるのをじっくり待ちたい。    (太田裕)

関連記事

  1. 【人工知能の行方⑤】侵された人間の「聖域」
  2. 【喊声】2月号
  3. ひと、生きる。 競走部門出康孝 箱根駅伝関東学連選抜
  4. 【喊声】7月号
  5. 【KEIO 150】第三部 先導者の足跡4~私学初の試み 大学部…
  6. 喊声 2016年11月号
  7. 《甲子園という魔物》(第2回)「斎藤がなぜウチなんかに」 不思議…
  8. 《くらしのデザインA→Z》(1)週刊誌の中吊り広告
PAGE TOP