慶應ボーイコンテスト No.4 片寄翔太さん インタビュー

今月12日、慶應ボーイコンテスト2022のファイナリストが発表された。

今回はNo.4の片寄翔太(かたよせ・しょうた)さんにコンテストに出場したきっかけや理想の男性像、コンテストへの意気込みなど熱い思いを語ってもらった。

 

ーー慶應ボーイコンテスト出場のきっかけはなんですか?

元々事務所に所属しているのですが思うようにいきませんでした。そこでアナウンサーもいいなと思い、それならコンテストに出てみようと思ったのが一番のきっかけですね。あとは大学に入ってからサークルなどが思うように活動できなかったのもありますね。今後については色々な選択肢を考えたいと思っています。

 

ーー理想の恋人のタイプはなんですか?

自分の素が出せる人ですかね。自分は傷ついているところを人に見せたくないタイプで人に頼ることもあまりしないんですよ。弱いところを見せれる人がいいですね。支えが欲しいです。

ーー目標とする男性像を教えてください

好きな男性はSMAPの中居正広さんです。とても有名な方なのにファンやスタッフなど周りの人のことを考えていらっしゃる姿に魅力を感じました。自分に芸能関係に興味を持たせてくれた方でもあります。

 

ーー趣味や特技はなんですか?

趣味はランニングです。最近はなにわ男子の大西流星さんと長尾謙杜さんが好きで、そこからメンズメイクにも興味を持ち始めました。
特技は指揮です。音楽が好きなことや目立ちたがり屋というところもあって、中高の合唱祭では指揮者を務めました。やるとなったら本気でやりたいタイプなので教室に習いに行きました。

ーーご自身のアピールポイントはなんですか?

外見は目が大きいことですね。内面的には、色々な人と関われるようにしたいと思っているところです。このコンテストを通して、最初はSNSのフォロー数やフォロワー数を気にしていたんです。フォロワー数からフォロー数を引いた数が自分の実力であると思ってしまいがちでしたがその考えをやめました。Twitterなどでコメントをいただいたら必ず返すようにしています。友達がフォローしてくれるのも素直に嬉しくありがたいので、フォローは必ず返すようにしています。「狭く深く」の関係だったのを、「広く深く」の関係にしていきたいです。

 

ーー慶應ボーイコンテストへの意気込みをお聞かせください

やはりグランプリを取りたいという目標はあります。もう一つは慶應ボーイコンテストの開催が二回目ということもあり実力が問われるので、色々なことに挑戦してコンテスト自体を大きくしていきたいです。運営の方の期待にも応えたいですね。パーソナリティ的には今までコミュニティーが狭かった分広げつつ、恥ずかしい思いをなくしたいです。同期は友達でもあるしライバルでもある、みんなで頑張っていきたいですね。そして何よりファンの方など支えてくださっている方に感謝を伝えたいです。これからも応援してもらえるように頑張ります。

 


片寄翔太(かたよせ・しょうた)さん

法学部法律学科2年

Twitter

Instagram

片寄さんへの投票はこちらから

 

 

 

 

 

(次ページ:Web限定の番外編)