WEB限定記事

【三田祭速報】手話で繋がる心の触れ合い

手話で演じる『ロミオとジュリエット』

手話で演じる『ロミオとジュリエット』


 第一校舎106教室で行われた手話サークルMiMiの発表会では普段触れることのない手話という文化に触れることができた。演目は『ロミオとジュリエット』。 最後には手話コーラスが行われ、FUNKY MONKEY BABYSの『夢』が歌われた。部員のうちの誰が新入生なのかもわからないぐらい全員の息は揃っており、その様子からは彼らの努力が感じられた。
 「手話を通して、耳が聞こえない人ともコミュニケーションをとることは可能だと人々に伝えたい」と笑顔で手話を使用しながら語ってくれたのは代表の瀧口諒さん(理工2)。その目的は、発表会では果たされているようだった。
 会場は、部員も客も笑顔が絶えず、常に一体感が感じられた。手話を体験したことがない人も、部員が丁寧に教えてくれるので楽しみながら手話を覚えることができ、そのアットホームな雰囲気に魅せられた観客も多かったのではないだろうか。 
 手話サークルMiMiの公演から、手話の扉を開いてみるのも良いかもしれない。
(加藤さき)



『手話サークルMiMi@第一校舎106教室』

関連記事

  1. 【サッカー】 明大相手に惜しくも決勝で敗れる
  2. 【三田祭速報】 2012年度のミス慶應は小澤陽子さん(環3)に
  3. 【三田祭速報】みんなの貼り絵がひとつの作品に。体験型アート
  4. 次期塾生代表選挙 12月12日~20日に実施へ
  5. 慶大と東京歯科大、合併に向け協議を開始
  6. 【三田祭速報】驚きをあなたに!奇術愛好会
  7. 《MITASAI REPORT-2018》WALKMEN 三田祭…
  8. 塾高、10年越し悲願の甲子園へ 激戦勝ち抜いたヒーローたちの「顔…
PAGE TOP