《ミス慶應2020ファイナリストインタビュー》No.3 瀧澤あすみさん

 

ミス慶應2020ファイナリスト
Entry No.3 瀧澤あすみさん 経済学部経済学科1年

※動画の転載・複製など禁止 

ミス慶應コンテスト出場のきっかけは何ですか?

大学生活ではこれまでできなかった体験をしたいと思っていました。ミスコンの締切をお知らせするツイートを見て、出てしまおうと勢いで急に決めました。ミスコンに出たからこそできた経験や出会いがあり、勇気を出して良かったと思っています。

 

自身のアピールポイントは何ですか?

高校2年生の頃に始めたサロンモデルの経験が、自己プロデュースをする上で役立っています。また自分の好きな雰囲気を貫くことを大切にしています。一般的なミスコンのイメージとは違う、自分のイメージもアピールポイントです。

 

コロナ禍でのコンテストで大変なことや意識していることはありますか?

例年通りの活動ができずSNSの活動しかできていないため、SNSの使い方には苦戦しています。またSNSのみの活動では、自分をうまく伝えられるかどうかは自分にかかっていると思います。自分をどのように表現するかを常に考えながら活動しています。

 

理想の恋人のタイプは?(WEB限定)

一番に真面目で誠実な人が好きです。人のことを悪く言わなかったり、言葉遣いが丁寧だったり、あとは食事のマナーがしっかりしているかなどが気になります。性格がいい人が好きですね。

 

ファンの方との交流をどのように行っていますか?またどのように大切にしていますか?(WEB限定)

ミス慶應コンテストには他大学で行われているSHOWROOM(ショールーム)やミックスチャンネルなどのファンの方と関わる制度が設けられておらず、ツイッターやインスタグラムのリプライ(返信)やDM(ダイレクトメッセージ)がファンの方と関わる主な機会となっています。そのためリプライではファンの方と会話が続くように問いかけを増やし、DMではすぐに読み、「いいね!」を押すことを意識しています。またインスタグラムではストーリーズに好きな食べものを食べている様子を載せるなど、自分の普段の生活を出して、親近感を持ってもらうことを大切にしています。

 

きれいでいるために意識していることはありますか?(WEB限定)

外見よりも内面を磨くことを意識しています。そのためには、ポジティブ思考が大切です。例えばきれいな人を見て自分と比べるのではなく、「自分には自分なりの良さがある」と信じたり、時には、きれいな人の良い部分をまねして取り入れようと行動したりしています。

 

読者の皆さんへメッセージをお願いします。

ツイッターでは日常生活を、インスタグラムでは自分が本当に好きなテイストのものを載せています。どちらも全く違う雰囲気なので、両方楽しんでいただけたらなと思っています。応援よろしくお願いします。