【慶應の祭】七夕祭 高柳祐真「予算は完全独立」

―七夕祭のコンセプトは
 第20回ということで、今までの祭りとは違うものにしたかったんですね。学生だけではなく、地域との交流というものが本来の七夕祭のあり方です。今年は、他の学園祭にはない夏祭りのようなテイストを活かそうということで、今年は“VS 学園祭“というコンセプトでした。独自なものは、プロの方に作り方を教えてもらって作ったねぶたが好評でした。去年の来場者は1万3000。今年は1万5000。規模がどんどん大きくなっています。
―他の祭りがキャンパス名を冠しているなか、SFCの七夕祭、秋祭は違いますね
 ある意味、コンセプトは明確になりますよね。七夕祭は夏祭り色。秋祭は学園祭。学部ができたばかりの時はメディアセンターの脇で小さくやる程度だったそうです。
―七夕祭実行委員に入ったきっかけや、入ってからについて教えていただけますか
 高校の時から学園祭をやっていたので、七夕祭について調べるうちに、学園祭のステレオタイプから外れている部分があったので面白いなと思い入りました。。遠藤地域の人たちから七夕祭が愛されているんだなと感じました。地域との交流も盛んで、市民センター、行政の方など多くの方と関わることができました。
―来場者へのメッセージ
 是非湘南藤沢キャンパスまで浴衣で足を運んでいただけたらなと思います。

七夕祭データ
http://tanabata.sfc.keio.ac.jp/index.html
【7月4日開催】
【委員会構成人数・73人】
【来場者数1万5000人】