サッカー

ソッカー部 関東大学リーグ 前期最終節

 前期最終節は東海大との一戦。最下位に沈む相手に必勝を期した慶大だが、序盤の2失点が響き、痛恨の黒星を喫した。
 3試合ぶりの勝利を狙う慶大だが前半5分、一瞬の隙を突かれて先制点を許してしまう。反撃を試みる慶大は得意のパスワークが発揮できず、攻撃の形が作れない。逆に28分、カウンターから追加点を許し、2点をリードされて前半を折り返す。
 後半、巻き返しを狙う慶大は15分、中川靖が自ら得たPKを決め、1点差に詰め寄る。しかし、その後の決定機を攻撃陣が決めきれずに試合終了。
 順位を2位から4位に落として前期日程を終えた。

関連記事

  1. アイスホッケー早慶戦 接戦をものにできず惜敗
  2. 《2018年度前期総評|バスケ》苦戦した前半戦 慶大バスケでリー…
  3. バスケ早慶戦 ~男子 昨年の雪辱果たす,鈴木、岩下らの活躍光る
  4. 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2013決勝
  5. スケート部フィギュア部門 庄司理紗さん
  6. 【バスケ】2017年度前期総評
  7. リオパラリンピックに挑む塾員 女子陸上競技選手 高桑早生さん
  8. 秋の六大学野球 優勝に向け薄氷踏む







PAGE TOP