《走り続ける塾生》體育會スキー部 山口ゆいさん(政3)

慶大體育會スキー部に所属するアルペンスキーヤーの山口ゆい(政3)選手。幼少期からスキーを始め、現在は世界で活躍している塾生の一人だ。フジテレビのアスリート応援番組『ミライ☆モンスター』でも取り上げられたことのある彼女にインタビューした。

スキーを始めたきっかけ

スキー好きの両親がきっかけです。初めは遊びだったのですが、小さな大会などに出て、次第に勝負の楽しさにのめり込んでいきました。

スキー以外のスポーツ経験

小学生の時はバスケットボールをしていました。中学校でも続けようと思っていたのですが、バスケットボールの大会とスキーのシーズンが重なっていることから断念しました。
その代わり、水泳部に入部しました。夏は水泳で体力作りをし、冬はスキーに打ち込むというサイクルでした。

大学とスキーの両立について

スキーとの兼ね合いで、どうしても出席できない日は多々ありました。しかし、理解のある教授や友人の助けもあり、無事進級することができています。勉強する時間は限られていますが、睡眠時間を削ってでもその時間を確保するようにしています。

大けがを何度も経験しながら、スキーを続けられる原動力とは

スキーを続けられている原動力は二つあります。
一つはスキー自体がすごく好きだということ。もう一つは、けがをした時に自分のことを支えてくれた人たちの存在です。その人たちに自分が競技スキーをやっている姿を見せて、恩返したいと思っています。

今シーズンの抱負

全日本大学選手権などの大会で優勝したいという思いはあります。ですが、それよりもまず、「しっかり復帰をする」ことを一番に考えています。
前シーズンは大けがをした直後で、コンディション調整がとても遅くなりました。そのため、しっかりと練習をすることもできずに大会を迎えてしまいました。
今シーズンはさらに忙しくなることが予想されますが、他の選手と同じようにしっかりと練習をし、「完全復帰」をしたいと思います。
(宇貫竜矢)