WEB限定記事

《今月の一枚》イチョウの舞

温暖な気候により各地で夏日となった今月4日、三田キャンパス内で鮮やかなイチョウの落葉(らくよう)が見られた。初めて知ったが、このイチョウの木は「大銀杏」と呼ばれ、どうやら三田キャンパスのシンボルとなっているようである。「大銀杏」といえば、いつかに倒れた鶴岡八幡宮のものが有名だが、よく見れば南校舎の階段を昇って姿を見せる、あの樹木もなかなかのものだ。

思うに、イチョウは花よりも葉のほうが我々にとってなじみ深い。そうであるからこそ桜と違って、我々は散っていく木の葉の舞を愛でるのであろう。葉が扇形であることは、わたしに一種の芸能性を感じさせる。

落ちたイチョウは黄金の絨毯をキャンパス中庭に広げていた。もうすぐ本格的な冬の季節。その輝きは長くは続かない。わたしも来たるべき暗闇に備えなければ――。

関連記事

  1. 【震災3年 大震災は終わらない】 ゆるキャラで復興活動 南三陸復…
  2. 三田メディア 日曜・祝日も開館 11月と12月に試行的実施
  3. 三菱電機会長が講演 仕事に対する姿勢を解説
  4. 慶應義塾 横浜市に小中一貫校を開設~小学校設置は2校目
  5. 事務局長選挙が開票
  6. 【三田祭速報】 ダーツとお酒で大人の空間
  7. 《ラグビーイヤー2019》W杯で対戦する4カ国の料理を作ってみた…
  8. ミス慶應コンテストの商標権とは 弁理士 奥田百子さんに聞く
PAGE TOP