WEB限定記事

《日吉研究所 FILE No.1》綱島編

キャンパスのある日吉駅の隣駅、綱島。新歓期に食事会で訪れたという人も少なくないだろう。

我々が今回取り上げるのは、綱島駅東口から歩いてすぐの「MISOY」だ。ブルーでオシャレな外観に、扉を開けるとカフェのような空間が広がる。

ビュッフェスタイルのMISOY

「和定食のファーストフード」を謳うビュッフェ形式の味噌汁専門店で、ご飯、味噌汁、小鉢を選び自分だけの定食を楽しむことができる。

味噌汁専門店ということで味噌にはこだわりがあり、全国各地から厳選された6種類の味噌を使用している。それぞれの具材ごとに異なった種類の味噌を合わせている。

味噌汁は、豚汁、しじみ味噌汁、坦々味噌スープ、アジア味噌スープ、北海道汁が用意されていた。そのうち北海道汁は日替わりで、5種類の味噌汁をローテーションで出しているという。

豚汁、坦々味噌スープ、アジア味噌スープ

取材スタッフは定番の豚汁、辛さの中に味噌の甘みを感じる坦々味噌スープ、春雨入りでパクチーがよく効いたアジア味噌スープを頂いた。味噌の美味しさだけでなく、出汁や具材の旨味もスープにしみている。また、どれも大きめのお椀に具材がたっぷり入っており食べ応えのある味噌汁であった。

小鉢にも味噌を使う徹底ぶりで、ミソ唐揚げやトマトの味噌漬けなどがあった。ヘルシーな食材を使用した小鉢が多く、健康にも良いだろう。

また、お昼の時間帯には、ランチ丼も用意しているそうだ。

健康な食事がしたいとき、家庭の味が恋しくなった際に立ち寄ってみてはいかがだろうか。

——-クーポン特典——–

・有効期限 : (~6月30日)
・キャンペーン対象 : (学生証をご提示くださった方)
・クーポン内容 : (コールドゾーンコーナーから小鉢1品サービス)

関連記事

  1. 対話の中からサービスを形作る 帝国ホテルの「おもてなし」
  2. 学部長に聞く。5~医学部長 末松誠君
  3. 【慶應の祭】七夕祭 高柳祐真「予算は完全独立」
  4. 塾生新聞文化部が行く! 心を調える写経
  5. 【500号Project 伝‐慶應の足跡‐】俳優・歌手 中村雅俊…
  6. 《ダンスで伝える》ハンディキャップを自分らしさに 大前光市さん
  7. 「方言チャート」から広がる地域の魅力
  8. 【特別インタビュー】総合政策学部1年 Sexy Zone 菊池風…







PAGE TOP