サッカー

慶大ソッカー部 松下純土選手 松本山雅FCへ入団決定

プロの舞台でも活躍が期待される

4年連続でプロ輩出 「昇格に貢献したい」

先日、Jリーグの松本山雅FCへの来季入団が内定した慶大の松下純土選手(総4)。来年度に向けてその胸の内を聞いてみた。

「小さいころからの夢だった」と、プロの世界に憧れていた松下選手だが、意外にも就職かプロ入りかで悩んだ時期があったという。しかし、全日本選抜やプロチームへの練習参加を経験し、「レベルの高い人たちとプレーしていくうちにプロへの意識が強くなっていった」と振り返った。 そして、プロ入りを強く後押ししたのが須田監督だった。「監督も含めて、周りの人たちにはお世話になった。恩返しの気持ちを胸にこれからプロでやっていきたい」と語った。目標とする選手には、慶大出身の中町公祐選手(横浜・F・マリノス)を挙げ、「中町選手のように攻守でチームに貢献できる選手を目指す」と意気込みを口にした。また、松本山雅FCについては、「若い選手が多く、アットホームな雰囲気」。「まずは開幕からコンスタントに出場して、主力としてJ1昇格に貢献したい」と、プロ入り前から気合は十分だ。

今季は主将を務めた松下選手。日本一を目指してシーズンを迎えたが、開幕からあまり調子が上がらず、「苦しい時期がほとんどだった」という。チームの目標も1部残留へと変わった。結果的に残留はしたものの悔しさの残る1年となった。その中で、常に一番近くで支え続けてくれた同期には「感謝しかない」と話す。また、後輩には「自分たちが届かなかった日本一の夢を、来季こそは叶えてほしい」と期待を寄せた。

ソッカー部での4年間は「人間的に大きく成長できた4年間だった」という。塾生には「人生一度きり。やりたいことをとことんやってほしい」とエールを送った。慶大からは4年連続でのプロ選手の輩出となる。「これから慶大からプロが出るのが当たり前になって、慶大出身の選手で日本のサッカーを盛り上げられればいい」と松下選手は決意を語った。

関連記事

  1. 地方自治道半ば 片山氏講演
  2. firefox3.0 ギネス記録申請へ~慶大教授、ダウンロード増…
  3. アート・センター主催イベント アーカイヴのあるべき姿を問う
  4. 新しい白衣手に薬剤師への一歩
  5. 日本・アフリカ学生サミット開催
  6. ウィンターコンサート 矢上で奏でられる音楽
  7. 同意得ず個人情報提供 リクナビ、AIで「内定辞退率」算出 
  8. 節電方針を公表 5%削減掲げる







PAGE TOP