報道

野球部 江藤監督が退任 

慶大を2度優勝に導く

野球部の江藤省三監督が今季限りで退任することとなった。監督の後任には、竹内秀夫助監督が昇格して務めると発表された。

慶大野球部OBである江藤監督は、現役時代に巨人、中日の2球団でプレー。引退後は巨人をはじめロッテ、横浜(現横浜DeNA)でコーチを務めた。そののち2009年には、元プロ野球選手としては初めて慶大野球部監督に就任。就任直後である2010年春季リーグでは、慶大を11季ぶりの優勝へと導いた。さらに翌2011年春季リーグでも優勝を飾った。江藤監督の下、慶大は4年間で2度のリーグ制覇を果たした。

関連記事

  1. 慶大、来年度GPA制度導入
  2. 全塾協議会 自治会費の増額を決議
  3. 《甲子園という魔物》(第2回)「斎藤がなぜウチなんかに」 不思議…
  4. 第704回三田演説会 井田良氏「社会の変化と刑法の変化」を語る
  5. 卒業生6592人旅立つ 有志による園遊会も開催
  6. 慶應義塾・長崎県と協定 連携して地域の課題に対応
  7. ミスコン合同プレイベント開催~慶應・青学・立教が参加
  8. ウェーランド講演会 駒村康平教授が登壇 高齢化社会について語る
PAGE TOP