野球部・白村 北海道日本ハムファイターズへ 会見一問一答

プロへの意気込みを見せる白村投手

野球部の白村明弘投手(商4)が10月24日に行われたプロ野球ドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズからドラフト6位指名を受けた。同日、白村投手は日吉キャンパス協生館で行われた記者会見に臨んだ。会見内容は以下の通り。

―現在の率直な気持ちは。
「テレビで見ていたが、2位、3位と名前を呼ばれず正直諦めていた部分もあったが、こういう形で指名していただいてホッとしている」

―指名された日本ハムというチームのイメージは。
「北海道ということでここから遠いが、ファンと密着していて、ファンに愛されている球団だなというのが印象に残っている」

―(ファイターズの)栗山監督のイメージは。
「よく新聞などでも見るが、選手を大事にされている方だな、と」

―プロに入ってどんな選手になりたいか。
「指名していただいたときに思ったのは、指名を後悔させないようにチームのために力を尽くせるような、そんな選手になりたいと思った」

―1年目の目標、そしてプロとしての目標は。
「1回(指名が)ないのではと思ったので、全く考えていなかったが、1年目からチームに貢献できるように考えてやっていきたい」

―目に涙が浮かんでいるように見えるが、その涙の意味は。
「1回もう死んだというか、終わってしまったなという思いが強く、そこからこういう形で助けていただいたというか、指名していただいた。指名されないな、と思ったときに応援してくださる方のことが頭に浮かび、申し訳ないという思いも強く、指名していただき、さらに周りの人のためにもこれから頑張らなければいけないな という気持ちが強くなった」

―大学での4年間を振り返って。
「成功した時もあれば挫折した時もあり、山あり谷ありの4年間だった。自分自身も納得いっていない部分もあり、チームに貢献できなかったため、あまり今日という日を自分が昔思い描いていたようなすっきりした部分で迎えられず、もっと頑張ればよかったという気持ちもあったが、指名していただき、これからは自分のためではなく、今まで支えてくださった両親やチームメート、監督、その他たくさんいるがそういう人たちのために頑張っていきたい」

―対戦してみたいバッターは。
「(オリックスの)糸井選手。対戦できるような舞台に行けるまで自分が頑張らなければいけないので、しっかり頑張っていきたい」

―江藤監督や岡部長とは言葉を交わしたか。
「まだ会っていないが、会ったらすぐにお礼を言いたい」

―両親とは連絡したか。
「した。自分もびっくりしていたが、それ以上にびっくりしていて、声が震えていた。父親に最初電話したが出なかったため、母親に電話した。私も(指名は)ないと思っていたと最初に言われ、また色んな方のために頑張らなければいけないとも言われ、自分と同じ気持ちであることが嬉しく、よりいっそう頑張っていかなければいけないなと思った」

―日本ハムには早大出身の斎藤祐樹投手がいるが、白村投手から見て斎藤投手はどんな存在か。
「自分が1年生の時に、斎藤投手は4年生だったが、オーラがある方で、投球術もクレバーであることなど自分が学ばなければいけない点をたくさん持っているので少しでも吸収できれば」

―目標としている投手は。
「(楽天の)田中投手。どんな状況でも負けない投手を目標としている」

―同じ年齢では広島今村投手などがいるが特に意識している選手は。
「プロよりも大学でプレーする大瀬良(九州共立大、広島から1位指名)、杉浦(国学院大、ヤクルトから1位指名)、岩貞(横浜商大、阪神から1位指名)、九里(亜大、広島から2位指名)といった仲が良い選手がみんな上位で指名され、嬉しい反面悔しさもあり、彼らに負けないように頑張りたい」