六大学秋季リーグ 優勝に向けて好発進

難敵法大からも勝ち点奪う

春季5位からの巻き返しを図る慶大野球部。立大とのカードは初戦を落としながらも連勝で勝ち点を奪取する。続く法大戦も4試合の死闘の末、苦手な相手から2年ぶりに勝ち点を獲得した。リーグ首位を走る慶大は2011年春以来の優勝を目指す。(野球取材班)

***

立大第2戦 ○4-3 中軸機能し延長戦制す

1年生ながら力投を見せる加藤

台風の影響で順延された第2戦は点の取り合いとなった。先発の加藤(政1)は初回、先頭に出塁され犠打で一死二塁とし、続く平原、岡部に連打を浴び先制を許す。その後は立ち直り2回、3回を三者凡退に仕留める。

 

慶大打線は4回、先頭の山本泰(環2)が二塁打で好機を作ると、4番谷田(商2)の左前適時打で同点に追いつく。 さらに5回、主将堀野(理4)が出塁し山本泰の適時三塁打で勝ち越しに成功。続く松本大(環4)も適時内野安打を放ち立大を突き放す。

しかし6回、先頭に安打を許し、犠打と盗塁で一死三塁とすると、岡部の内野ゴロの間に失点。その後、7回に加藤が四球を出したところで加嶋(商2)が登板。後続を断ち、8回も無失点で切り抜けるが9回、我如古に同点本塁打を浴びる。ここで白村(商4)が登板。後続を抑え試合の流れを戻す。

直後の延長10回、一死から松本大が出塁すると、続く谷田が右翼線へ三塁打を放ち、立大を再度突き放す。その裏を白村が3人で締め4―3で延長戦を制した。

立大第3戦 ○3-2 投手踏ん張りサヨナラ勝利

先日接戦を制してタイに持ち込んだ対立大戦。第3戦は最終回に劇的な逆転サヨナラ勝ちを演じ、3―2で制した。

慶大の先発は加嶋(商2)。4回に立大打線に捕まり先制点を奪われる。その後は踏ん張り5回1失点で加藤(政1)にマウンドを譲る。加藤は 2回を内野安打1本で抑えた。

一方、打線は7回、先頭の谷田(商2)が四球で出塁すると、続く5番横尾(総2)の適時二塁打で同点とする。 しかし8回、この回から白村(商4)が登板するもスクイズを決められて再び勝ち越しを許す。その後のピンチは断ち切り、9回は三者凡退に仕留めた。

1点を追う9回裏、先頭の松本大(環4)が内野安打を放ち、谷田が右翼線へ二塁打を放ち一打逆転のチャンスを演出。続く横尾の三振振り逃げが敵捕手の悪送球を誘い逆転サヨナラ勝ち。貴重な勝ち点を奪取した。

主将の堀野(理4)は「我慢の展開が続いたが、投手陣が最少失点で切り抜けてくれたのが大きかった」と語り試合を振り返った。

法大第1戦 △3-3 2けた安打も好機掴めず

立大から勝ち点を奪取し勢いに乗る慶大は、昨季完敗した法大と対戦。初回から法大エース船本を攻める。2本の安打と犠打で一死一、三塁とすると谷田(商2)が適時打を放ち先制する。3回にも先頭の山本泰(環2)、続く松本大(環4)の連打から横尾(総2)の適時打で1点を加え船本を降板させる。

流れは慶大かと思われたが、ここまで3回無安打と好投の加藤(政1)が4回に法大打線に捕まる。安打と四球で一死一、二塁とし迎えるは4番西浦。2球で簡単に追い込むも、続く3球目をレフトスタンドへ運ばれ、痛恨の逆転本塁打を浴びてしまう。

しかし慶大も粘りを見せ、5回には谷田、横尾の連打から、代打大坪(総4)が適時打を放ち同点。守備も6回から登板した白村(商4)が法大打線を完璧に抑える。

攻撃陣はその後、走者を出すも後続が凡退し、好機をつかめない。最終回まで点が入らず、9回規定により3―3で引き分けとなった。慶大はこの試合、14安打の猛攻でわずか3得点。残塁13と好機で一本が出ず、課題が残る試合となった。

法大第2戦 ●1-9 大量9失点で先勝許す

法大第2戦は、慶大投手、打撃陣共に振るわず1―9で完敗した。

前日に14安打放った慶大打線は法大投手陣の前に沈黙。わずか5安打と抑え込まれた。5回には走者一、二塁のチャンスを迎え代打植田(商4)の適時打で1点を返す。だがこの得点以降は走者を出しても犠打に失敗するなど勝機をつかむことができなかった。

一方投手陣は得点圏に走者を背負う苦しい場面が続く。先発した加嶋(商2)は2回裏、先頭打者に二塁打を浴びると、二死から石田に適時打を許し先制点を献上してしまう。

4回裏には、二死一塁から石田が中前安打、その際に藤本知(環3)が打球の処理を誤り、石田も生還。一気に3点を許す。その後も法大打線を抑えきれず終わってみれば9失点となった。 投打共に石田に圧倒されたこの試合。2年ぶりのリーグ優勝を目指す上で不安材料をす結果となった。

法大第3戦 ○8-0 投打噛み合い貴重な1勝

前日に大敗し、後がない状況で迎えた第3戦。慶大は初回から打線が奮闘する。二死一、二塁から5番横尾(総2)が適時打を放ち先制。続く齋藤(商1)の適時二塁打でさらに1点加える。

続く2回、牧野(商4)が出塁し渡邊暁(商4)、山本泰(環2)の連打で1点を加える。さらに続く松本大(環4)が相手の意表を突くスクイズ。これが一塁線上にうまく転がり三塁走者が生還。谷田(商2)にも適時二塁打が出て2回に一挙5点の猛攻を見せる。

投手陣も先発の加藤(政1)が序盤から四球や安打で走者を出すも得点を与えない。打撃陣も加藤の好投に応え7回、一死から山本泰、松本大、谷田の三連打。さらに二死から代打植田(商4)の適時二塁打でこの回3点を加え試合を決める。

7回を秋季初登板の明(政3)、あとの2回をエース白村(商4)が完璧に抑え、8―0の完封リレーで締めくくった。 先発の加藤は6回2安打7奪三振で今季初勝利。打撃陣も12安打8得点と好調さをアピールした。

 

法大第4戦 ○5-2 リード守り勝ち点奪取

1勝1敗1分のタイに戻し、迎えた法大との4戦目。慶大は粘る法大突き放し5―2で勝利した。

慶大の先発は前の試合に続き加藤(政1)。4回まで法大打線を無得点に抑える。打線は4回に一死一、三塁から横尾(総2)の三ゴロ間に先制し、続く5回には一死二塁の好機を演出、石田をマウンドから降ろす。このあと渡邊暁(商4)の適時三塁打で慶大が2―0とリードする。

しかしその裏、二死後に2本の安打と四球で二死満塁のピンチ。1番大城戸に押し出し四球を与え、1点差と詰められる。ここで慶大は白村(商4)にスイッチ。続く細川を三ゴロに仕留め、ピンチを切り抜ける。 慶大は6回に齋藤(商1)の適時三塁打で加点。8回に2本の安打で一死一、三塁から横尾の2点適時二塁打で法大を突き放す。

最終回は白村が2人の走者を許すも無失点に抑え、試合終了。慶大が5―2で勝利し、2011年春季リーグ以来、初めて法大から勝ち点を奪った。立大、法大と強敵2校から勝ち点を獲得し、優勝へ大きく前進した。