報道

米・ミネソタ大と協力~臨床研究教育で

 11月21日、慶應義塾大学医学部は臨床研究教育において、ミネソタ大学と連携すると発表した。

 ミネソタ大学は米国屈指の臨床研究体制で知られており、臨床研究に関わる教育プログラムを提供している。今回の連携により米国メドトロニック財団助成のもと、この教育プログラムの概要を電子化しウェブを通して随時e-learningができるようになるという。現在、慶應義塾大学医学部がそのプログラムの日本語版を製作し、2006年度に臨床研究ネットワークの中核組織として開設されたクリニカルリサーチセンターで、2009年中に使用ができるように電子化を進めている。

 この連携による電子プログラムが若手医師の育成に大きく貢献し、臨床研究・治験の活性化につながることが期待されている。

関連記事

  1. 改変遺伝子の作出に成功 英国科学誌に掲載
  2. 日吉三大工事 本格始動へ 記念館は20年、相鉄直通線は22年度完…
  3. 2021年度学部入学式 満開の桜の下、初の日吉記念館での開催に
  4. 近代日本と慶應スポーツ 体育会1‌2‌5周年記念で
  5. 慶大、ワクチン接種21日より開始を発表 学生・教職員ら5万人対象…
  6. 公開講座「アジアの諸文化とジェンダー」 文化の「性差」を考える
  7. 大友啓史氏が来塾 「竜馬伝」の制作秘話語る
  8. 吉田 W杯日本代表に







PAGE TOP