スポーツ

大学から世界へ 慶應チャレンジャー

学生主体で運営 レベル体感

シングルスで優勝したビオラ(右)と同準優勝のバシッチ

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2012が先月10―18日、日吉キャンパス蝮谷テニスコートで開催された。同トーナメントは男子プロテニス協会公認ツアー公式戦の下に位置する。世界ランキングに反映されるトーナメントポイントを狙って、ATPランキング100位以内の選手も参加。シングルス32人、ダブルス16組が本選に出場した。

日本で3試合開催されているチャレンジャー・シリーズの中で、大学主催はこの大会だけ。慶應義塾としては2009年以来3年ぶり4度目の開催となった。出場選手の宿泊先の手配、ビザ給付サポートなど、運営を学生主体で行った。

「学生が直接、世界のテニスを体感し、『大学から世界へ』という新しい流れを生むきっかけになれば」と坂井利彰庭球部監督。

シングルス決勝はビオラ対バシッチのカードになり、一進一退の第1セットを7―6で獲得したビオラが第2セットも6―4で押し切り、優勝した。

 

 

 

関連記事

  1. 塾航空部 健闘実らず
  2. [野球]早慶戦 まさかの逆転負け 46年ぶりの三連覇逃す
  3. 早慶レガッタ 地力及ばず10秒差~対校エイト3連敗
  4. 《2018年度総評|野球》3連覇逃した秋季リーグ 新体制で王者奪…
  5. 関東ラグビー対抗戦 開幕2連勝スタート
  6. [関東大学ジュニア選手権リーグ戦 詳報]重戦車の蹂躙を防げ!~蹴…
  7. 好調支える二年目の自覚 ~加藤幹典投手
  8. 「突破」を掲げる端艇部 歴史に輝かしい1ページを







PAGE TOP