慶應塾生新聞会 三田オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦2-8-14 第2AKビル4階B
TEL 03-3454-7966
FAX 03-6435-2573

野球部 重田主将インタビュー

去年は春秋とも早慶戦まで優勝の可能性を残しながら早大に競り負け、優勝を逃した慶大野球部。そのリベンジを誓う今年のチームを率いる重田清一主将(環4)にインタビューを敢行した。
(世古宗大士)


―今年の早大野球部にはどんな印象を持っていますか。
去年のような派手さはないと思いますが投手中心に守って、攻撃では走塁がうまく、1点を取りにくるチームだと思います。

―特に警戒する選手は誰ですか。
大竹投手ですね。どの球種でもストライクを取れたり、三振を奪える選手です。また、全体的に的を絞らせないピッチングが厄介なのでしっかりと対策したいです。

―早大の高橋監督と、石井主将の印象は。
高橋監督は手堅い野球をしてくる印象があります。石井選手の守備は安定感があるし、長打も打てるし良い選手だと思います。彼はジムが一緒なのでよく話したりします。仲も良いですね。

―重田選手から見た慶大・大久保監督は。
野球の戦術はもちろんですが人間性にも重きを置く監督ですね。

―打ち崩したい投手は。
各大学のエースです。

―それに必要なことは。
投手と打者の一対一の対決ではなく、出ている塾9人とベンチのメンバー全員で戦うことですね。そうすれば、チームの雰囲気も変わってくると思います。

―冬はチームとしてどんなテーマを持って練習しましたか。
野手はしっかりバットを振りこんで力をつける。投手はフォアボールを少なくするためにコントロールを磨くことに重点を置きました。

―慶大のチームに足りないと感じる部分は。
一球に対する集中力や泥臭いプレーですね。でも、今年は日々の練習だけでなく、日常生活からもプレーにつながっていると考えていて、チームの中でも集中してできていると思います。

―慶大は代打で出場する選手が多い印象がありますね。
慶應の野球部は早稲田のようなスーパースターの集まりではないので打撃でベンチ入りを勝ち取った選手、一芸で勝負する選手は多いですね。ベンチの選手も自分の役割はわかっているので途中出場でも準備はしっかりできていると思います。

―ベンチはどんな雰囲気ですか。
川崎二塁手(環4)とかを中心に4年生が積極的に声を出して引っ張ってくれています。

―慶大の理想的な得点パターンを教えてください。
一番の倉田(法3)が出て得点圏にランナーがいる状態で沓掛(商4)、山口(環4)、岩見(総3)のクリーンナップが返すというのが理想ですね。

今季の抱負を力強く語る
今季の抱負を力強く語る
―自身にはどんな長所があると思いますか。
気持ちを前面に押し出したプレーです。声でチームに勢いを与えられるところだと思います。

―慶大のチームの中で重田主将一押しの投手は誰ですか。
藤原(経4)ですね。精神的にも強いので勝負所で良いピッチングをしてくれると思います。

―法政戦では打線が爆発しましたね。
あれはたまたまです。細かい守備のミスもありましたし。僕は今年のチームを打撃のチームとはあまり考えていないので守備からリズムを作って、1点を奪いに行く野球が理想です。今年は走塁練習やバントやサインプレーを磨いてきたのでそれが試合で発揮できればうれしいです。


―最後に今年の目標を教えてください。
やっぱり優勝です。

慶大野球部 全力応援特集