慶應塾生新聞会 三田オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦2-8-14 第2AKビル4階B
TEL 03-3454-7966
FAX 03-6435-2573

野球部 大久保監督インタビュー

4季ぶり優勝に期待がかかる慶大野球部。大一番の早慶戦を前に、大久保監督に今年のチームについて話を聞いた。
(香西朋貴)


就任2年目を迎える大久保監督
就任2年目を迎える大久保監督
―新チームの手応えは。
昨年は個の力を優先してきましたが、今季からは僕の色を出せたらとも思っていました。また「今季は個の力では勝てない」と新チームになった時に重田主将(環4)に伝えて、チーム力で勝ち切るチームを作ってきました。僕が理想としていたチームが出来上がりつつありますし、打線でも繋ぐ意識を持って出来ているので今後が楽しみです。

―国外でキャンプする意図は何ですか。
技術だけを磨くのであれば国内でやれば良いと思うのですが、僕が慶大で選手時代にアメリカキャンプを経験して日本では感じ取れないものがあったので、慶大の監督になったら選手達に必ず経験させてあげたいなと思っていました。




―一冬を越えて感じるチームの変化は。
昨年まで規律がなかったというわけではないですが、今季は規律があってチーム力で勝てるチームになってきたのではと思います。昨年はどうしても、リーグ戦のベンチ入り出来るメンバーとそれ以外で温度差があるというか、チーム一丸でやろうという意識が高くは無かったのですが、今季はみんなが自分の役割を意識して規律ある集団になりつつあると思います。

―常日頃から選手に伝えていることは。
慶大の野球部、大学で通用していたルールが当たり前なのではなくて、社会に出て否定されることもあるんだよ、ということは伝えています。それをしっかり意識しないと社会に出て苦労すると思うんですよね。

―重田選手がキャプテンになりましたが。
重田は横尾(横尾俊建前主将・現日本ハムファイターズ)とはちょっと違って、言葉と態度で引っ張っていくような主将です。浪人もしているのでメンタルの強い選手だと思っています。


プロ注目の右腕・加藤拓也(政4)がチームを支えている。法政第2戦で先発した小原大樹(環4)も神宮初勝利を挙げるなど、二枚看板としての活躍が期待されている。


監督にとっても早慶戦は特別な舞台
監督にとっても早慶戦は特別な舞台
―エースの加藤選手にかけている言葉は。
自分が投げた試合は全部勝てと言っています。

―小原大樹投手の今季の印象は。
法政戦で初勝利を挙げましたが、もっと早い段階で勝利をあげてよい実力はあったと思います。今でも彼の半分の実力も出ていないと思います。今季は加藤と小原の二本柱で優勝したと言えるシーズンにしたいですね。


―打倒早稲田のために警戒する選手は誰ですか。
うちは昨年大竹君を打ち崩せなかったので大竹君を攻略できるように頑張りたいです。

―大久保監督にとって、早慶戦とは。
学生であの場所に立てるは早稲田、慶應の選手だけなので常に目標でしたし、自分を奮い立たせてくれるような存在でした。今でも特別な存在ですね。

―最後に全塾生にメッセージをお願いします。
早慶戦をはじめ、リーグ戦は若き血や塾歌を歌って自分が慶應の学生であると一番実感出来る機会だと思います。そして選手も多くの学生に応援されることが励みとなると思うので、ぜひ神宮に足を運んでもらいたいです。

慶大野球部 全力応援特集