七夕祭で異文化交流 インドネシアから看護師の卵来塾

 インドネシア人の看護師候補者を対象とした日本への適応を促進する交流会、通称Pelangi(Pelangi =インドネシア語で「虹」の意)が先月3日、SFCで開かれた七夕祭の中で行われた。この交流会には、経済連携協定により来日したインドネシア人看護師候補者(以下、候補者)と、総合政策学部・環境情報学部のマレー語とインドネシア語履修者および看護医療学部の学生が参加した。
 候補者がお茶会や浴衣といった異文化を肌身で体験することで、日本への適応を支援することを目的としている。
 候補者のジェリアナ・ペルデラさんは「はじめて浴衣を着てみて、暑かったですが、とても嬉しかったです」と語るなど、交流会は好評なようだ。
 SFCではこのような季節毎の交流会に加え、看護医療学部4年生と一緒に国家試験に向けた受験勉強を行っている。これらはサービス・ラーニングと呼ばれ、奉仕活動を通じ、学生が教室内で得た知識を地域社会の問題解決に役立てると同時に、実践能力を伸ばすことが目的だ。
 普段は医療現場で働いている候補者にとって、学生との交流は癒されるのだという。円滑な異文化適応には、単に周りから親切にされるだけでは不十分で、自分達も誰かの役に立っているのだという実感を得ることが不可欠とされる。インドネシア語を教えたり、母国での臨床経験について語ったりすることが、候補者にとって大きな癒しとなっているようだ。