報道

「パン人間」日吉に現る 折本立身氏ら来塾

11月13日、日吉キャンパスに3人の「パン人間」とアルパカが現れた。「パン人間」とはパンを顔にくくりつけて行うパフォーマンスで、折元立身氏による作品である。
折本氏は神奈川県生まれのパフォーマンスアーティスト。代表作としては前述の「パン人間」のほか、病気を患った母との介護生活をテーマとした「アートママ」シリーズなどがある。「来往舎現代藝術展6 折元立身パフォーマンスアート・ビデオ展」の一環として、パフォーマンスを披露した。
昼休みになると、パン人間達とアルパカは日吉駅側から銀杏並木を通り、中庭へとやってきた。周囲には多くの学生が群がり、アルパカに触れたり写真を撮ったりと大賑わいであった。
また同日に、来往舎で折元氏によるレクチャーが行われた。レクチャーでは折元氏の生い立ちから現在までをはじめ、作品製作のきっかけなど様々なことがユーモアを交えて語られた。
最後は観客の何人かが指名され、実際に「パン人間」を体験しレクチャーは終了となった。

関連記事

  1. 一体改革全世代に対応
  2. 文学部 印東太郎賞を制定
  3. SFC未来創造塾 滞在施設が2015年に完成
  4. 三田祭前夜祭アーティスト決定 今年はUVERworldに
  5. 1、2年全員に奨学金給付~医学研究科博士 優秀な学生の獲得狙う
  6. 藤田弘夫氏が逝去
  7. 【平成25年度卒業式】6427人が旅立つ 卒業25年の塾員も集結…
  8. 米プリツカー賞に 妹島和世客員教授 建築界のノーベル賞







PAGE TOP