報道

慶大、ワクチン接種21日より始まる 会場では特段の混乱なく

南校舎前にはワクチン接種を待つ人の列ができた(6月22日撮影)

慶大では21日、新型コロナウイルスのワクチン職域接種がはじまった。接種会場となる慶大三田キャンパスには接種を待つ人の列ができた。接種規模は1日あたり1600人で、状況に応じてその人数は変動する。

接種を終えた商学部4年の学生は「待機列こそ長かったが、それほど待たされることはなかった。誘導もスムーズで、特段の混乱はなかった」と話す。また、文学部2年の学生は「接種直後、特段体に異変はない。対面で課外活動ができる日常が戻ってくるかもしれないと思うと楽しみだが、引き続き感染症対策には注意していきたい」と気を引き締める。

接種会場は三田キャンパス南校舎5階となる

慶大では8月までに、学生や教員らおよそ5万人を対象にワクチン接種を行う予定。1回目の接種期間は6月21日(月)から7月17日(土)まで、2回目の接種期間は7月26日(月)から8月31日(火)までとなっている。21日午後5時時点で、およそ2万7500人が予約を済ませているという。

慶大は、接種による副反応に伴い、定期試験期間内試験を欠席せざるを得ない場合には、不利益が生じないよう特別措置の対応をとるとしている。

関連記事

  1. 商学部カリキュラム 14年ぶりの改定 学部長インタビュー
  2. インターンガイダンンス開催 『就活のバカヤロー』大沢氏も参加
  3. 塾高野球部がセンバツ出場
  4. 次期塾長に清家篤商学部長
  5. コレギウム演奏会開催
  6. 新司法試験 考査委員の慶大教授~守秘義務違反で解任
  7. 科学用語の「誤解」 誘因を考える
  8. SFCの研究を発表 「安住なき先駆」テーマに
PAGE TOP