《日吉研究所2020 No.12》日吉で味わえる本格中華!〜健康中華 小青蓮〜

日吉駅西口を出て、浜銀通りを奥の方まで歩いていくと、「健康中華 小青蓮」という看板が見えてくる。

広々とした店内は中国らしい装飾品が多く飾られており、居心地よく過ごせる雰囲気だ。

数あるメニューがある中でも、油淋鶏定食が一番人気だ。カラッと揚げられた鶏肉に甘酸っぱいタレが絡んで、ご飯がすすむ味付けだった。他にも、スープや搾菜などが添えられてあり、ボリューム満点の定食だ。こんなに食べられて価格はなんと830円。

また、取材時の日替わりメニューの中で、特にオススメであるというひき肉入り高菜炒飯とワンタンスープのセットも注文した。炒飯を特盛りにしたが、シャキシャキ感のある高菜とレタスと甘辛く炒めてあるひき肉が合わさって、どんどん食べられる逸品だった。

ご飯はいつでもおかわり・特盛りまで無料である。筆者が特に驚いたのは、ランチにはチャーハンもおかわり・特盛りまで無料であることだ。多くのお客さんにお腹いっぱい食べてほしいという店員さんの願いが込められているのだろう。また、ランチには杏仁豆腐の食べ放題もあり、デザートまで存分に楽しむことができる。

平日のランチ営業は11:00~15:00までだが、常にお客さんが来店して混んでいるという。客層としては、慶大がすぐ近くにあることもあって学生が多いが、社会人も多いのが特徴だ。

毎年4月には新入生が入ってくることもあり、予約でいっぱいになるという。団体での利用も多く、大人数で来ても楽しめるように豊富な種類のコースが用意されている。店長の陳さんは、「学生さんだけでなく、社会人の方など多くのお客さんに本格的な中華料理を食べて満足してほしい」と理想のお店づくりについて話す。

小青蓮は「健康中華」を意識して料理を提供している。食材本来の旨みを引き出すやさしい味付け。国家資格保有、中国人料理人による本格料理。油と塩を控えめで野菜を増やし、ヘルシーさを重視。これらのこだわりがお客さんに愛されて、リピーターを増やしていくのだろう。

日吉で身近に中華料理を味わうことができるだけでなく、コスパも最強の小青蓮。定食からデザートまでいろいろなメニューを楽しんでみてはどうだろうか。

 

(林ことみ)

 

※取材は2020年2月に行いました。