三田祭

《三田祭2019》ロゴ・コンセプト制作秘話

毎年多くの塾生一同が作り上げ、感動を生む三田祭も今年で61回目を迎える。

今年の三田祭はどのようなものになるだろうか。

今年度の三田祭本祭オフィシャルロゴと、祭のコンセプトについて解説する。

 

今年のロゴは以下の通りだ。

白、赤、水色の楕円が水面に見立てられ、波紋が広がる様子が描かれている。

ここには、三田祭に参加する塾生一人一人の個性が「波紋」のように広がり、誰かに影響を及ぼしてほしい、といった思いが込められているという。
塾生が三田祭に参加する方法は様々。サークルの模擬店やステージ上でのパフォーマンスはもちろん、三田祭を裏で支える役割も存在する。

そして、そこに参加する塾生の個性も十人十色で様々である。

その個性が表現され、誰かの心と共鳴したとき、そこには必ずや感動が生まれるはずである。

 

一方で、意外にも本祭のコンセプトは決まっていない。

決めることにより、出店するお店、舞台上でのパフォーマーはそのテーマに合わせようとして制約を受ける。

テーマがない自由な場でこそ、塾生の個性が十分に発揮されるためである。

 

十人十色の塾生の個性が存分に発揮され、見る人、来る人に影響を与える三田祭。今年はどのような感動があるのだろうか、目が離せない。

 

(南部亜紀)

関連記事

  1. 「ほっとしているという気持ちが強い」長谷山彰前塾長退任インタビュ…
  2. 「知の体育会」新島杯 大学対抗の討論大会
  3. 変わる慶應  記者の視点
  4. 気になるあの大学の食事情~大学変われば学食も変わる
  5. 《「ミステリーの頁」へ、ようこそ|ART COLUMN》二十世紀…
  6. 《MITASAI REPORT-2020》全国出場の魅力を遺憾な…
  7. 慶大入学をメディア初公表 文学部1年 モデル・女優 駒井蓮さん …
  8. ニュースのあり方は変わっていくもの フジテレビアナウンサー 須田…
PAGE TOP