報道

ワグネル日伊交歓訪問演奏 創立150年記念事業に

慶應義塾大学ワグネル・ソサィエティー男声合唱団が日伊交歓訪問演奏事業を行うことを受け、慶大は同事業を慶應義塾創立150年記念事業として指定した。これにより、慶大から同団体には人的物的支援が成されることになる。
訪問期間は2009年の9月18日から24日までの1週間。イタリアのラーツィオ州ローマ県でのパレストリーナで演奏会が開かれる。コンサートでは日本の仕事歌や念仏をモチーフにした「コンポジションⅢ」、パレストリーナ作曲の「エレミア哀歌」が歌われる予定。
合唱団には支援が入るものの、それだけでは足りないのが現状。以下のアドレスで、援助金を受け付けている。(keitaready@z7.keio.jp

関連記事

  1. オンライン授業始まる 初回講義を終えた現場の声
  2. 慶大生を現行犯逮捕
  3. 経済学部大学院に奨励制度~研究環境整備と人材の育成目指す
  4. SFCで20周年記念式典 今後の方向性を模索
  5. 慶大 17年度からWEB出願へ全面移行
  6. 2014年度一般入試 志望者微減 安全志向続く
  7. 塾生主体の演奏会
  8. 環境週間2012始まる 今月9日まで
PAGE TOP