《CAMPUS IDOL》薬学部薬学科3年 伊藤祐佳さん

新年度最初のキャンパスアイドルは、薬学部薬学科3年生の伊藤祐佳さん。

彼女のきらきらした大きな瞳に一瞬で吸い込まれる。代々木公園の早咲きの桜の木の下で彼女にカメラを向けると、表情がくるくると変わり、目が離せなくなった。

小柄で可憐な彼女だが、中学ではバレーボール、高校ではハンドボールと、スポーツに打ちこんできた。そんな彼女が大学で選んだのは、薬学部サッカー部のマネージャーとダンスだった。高校まではスポーツをプレーする側だったが、マネージャーとしてサポートする側に回りたいと思った彼女は、雰囲気に惹かれ、薬学部サッカー部に入部したそうだ。

もう一方のダンスサークルRevolveでは、腕をしなやかに動かす「Waack」というダンスを踊っている。ダンスをしていたお姉さんの影響でWaackを知ったという彼女に、踊っていて楽しい瞬間を尋ねると、「大勢の観客の歓声を聞く瞬間かな」と笑った。

薬剤師という立場から医療分野に関わり、人々を救いたい。その思いを胸に薬学部に進学した彼女。将来は薬剤師の資格を取得し、製薬会社での開発職に就くのもいいな、と微笑んだ。

4月号が新入生歓迎号だと伝えると、日吉で過ごした1年生の頃は他学部の友達ができ、新鮮で、視野が広がったと、懐かしんでいた。「大学生活、思う存分楽しんでください! 大学は楽しいところですよ」

これから始まる新年度、どんなキャンパスアイドルに出会うことができるのか、今からドキドキがとまらない。
(爆食いお姉さん)

関連:慶應塾生新聞会×横濱眼鏡コラボ企画 – 横浜市港北区 日吉の眼鏡屋 横濱眼鏡メガネ・コンタクト・カラコン