慶應塾生新聞会 三田オフィス

〒108-0073  東京都港区三田3-4-8

佐野ビル4階

Tel:080-8882-1289

※回線工事のため一時的に代表者の電話番号を表示しております

【早慶戦特集】照屋・郡司・大西選手インタビュー

捕手 2年 郡司 裕也   -ピンチで頼れるキャッチャーに-

―春季キャンプを通して強化してきた点は。

第一に重視したのは、ピッチャー陣のすべての面における強化です。体作りもそうですし、技術的な面や考え方といったところなど林助監督を中心に重点的にやってきました。

―今年は春季キャンプとは別にバッテリーキャンプがありましたが投手陣の強化を目的としたものだったのでしょうか。

そうですね。去年加藤さん(現広島東洋カープ)が抜けてしまって、残っているピッチャー陣はリーグ戦で2勝しかしていないということで危機感を感じていた部分があったのでピッチャー陣が春季キャンプの前に先にバッテリーキャンプを行いました。

―どのようなことを考えてピッチャー陣をリードしていますか。

常々言っているのですがとにかくストライクを投げさせることです。オープン戦を通しても打たれても良いからストライクを投げ続けろと言ってきました。

―バッティングでは打順が5番に上がりましたがどのようなことを考えて打席に入っていますか。

5番としての役割は打点を挙げることであると考えているので柳町(商2)や岩見さん(総4)が残していったランナーを全部片付けるのが僕の仕事であると考えています。打率も残したいですが、やはり、今シーズンは打点にこだわっていきたいです。

―郡司さんの理想のキャッチャー像を教えてください。

僕が目指しているのはピンチでも落ち着いていられるキャッチャーです。神宮の大ピンチで普通は浮ついてしまう選手が多いと思いますが、そこでキャッチャーが浮ついてしまったらチームもどんどん崩れていってしまいます。そのような時にいつも通りの安定感を持っていられるように意識しています。

―今年の早稲田で警戒する選手は。

特に警戒する選手はいないですが、リーグ戦の試合を見る限り下位打線まで切れ目がないなと感じるのでしいて言うなら全員警戒するという気持ちです。

―去年出場された早慶戦の感想を教えてください。

観客の数が全然いつもと違うので、自然と試合に対する思いも強くなりました。OBの方からも「早慶戦は勝て」といわれますし、チームの目標の中にもリーグ戦優勝のほかに早稲田に勝つという目標があるくらいなので。個人的に早稲田に特別な思いがあるわけではないですが慶應というチームに入った以上、早稲田を意識しなければいけないと強く感じます。

―最後に塾生にメッセージをお願いします。

今年は絶対優勝するので早慶戦だけでも良いのでぜひ応援に来てください。

>>投手 1年 大西 健斗 -二刀流を目指す-