【早慶戦特集】照屋・郡司・大西選手インタビュー

投手 1年 大西 健斗   -二刀流を目指す-

―初めての春季キャンプはどのように過ごされましたか。

僕自身ひじの状態があまり良くなくて何もできなかったのですが、大久保監督と話して今の一軍の雰囲気をつかむことであったり、先輩との関係性を作ることなどを目的に一軍に連れて行ってもらったりしました。

―現在はひじの状態はいかがですか。

まだ本調子ではないです。

―入学前の慶大のイメージは。

全体的なイメージはあまりないですが、野球でいえば大人なイメージを持っていたので基礎練習をしっかりやることにギャップを感じています。

―どのような選手を目指していますか。

投手だけでなく野手もやりたいという思いがあるので、そこをうまく大学4年間の中で両立できるようなスタイルを自分の中で身につけたいと思っています。

―二刀流ということですか。

そうですね。

―関根選手(環1)や佐藤選手(環1)など同学年に好投手がそろっていますが。

2人はもう試合に出ているので現時点では負けているなと感じています。まずは試合に出て一勝して追いつかなければならないと思っています。ライバル意識はしていないですが、2人とも良いピッチャーなので上級生になった時には本当に心強い味方になると思っています。

―慶大の選手で一押しの選手は。

同学年でいえばやっぱり関根、佐藤の2人ですね。先輩なら清水翔太さん(総4)です。寮の同じ部屋の先輩でもあるので活躍してほしいと思っています。

―早慶戦のマウンドに立ってみたいと思いますか。

実際に見たことがないので具体的なイメージはできないですが、OBの方であったり先輩方もみんなが「勝たなきゃいけない」であったり「ものすごい試合だぞ」と言っているのは聞いているのでその場所に自分が立って勝つことができれば良いなと思っています。

―大西選手の長所を教えてください。

ピッチングであればマウンド上の落ち着きです。顔や雰囲気に焦りが出ないところです。そこが長所なのかなと思います。バッティングではミートするのが得意なのでその部分を見てほしいと思います。

―最後に塾生にメッセージをお願いします。

今年は関根、佐藤のほかにも野手では瀬戸西(政1)であったり、1年生で試合に出ている人が多いので1年生を応援してくれると嬉しいです。

(聞き手=世古宗大士)