WEB限定記事

【三田祭速報】食卓に手作りの陶器はいかが 陶芸倶楽部

西校舎を入ってすぐ、美しい陶器の数々が目に入る。道行く人々はそれらを眺め、一つ一つ手に取って、お気に入りの陶器を選んでゆく。

慶應陶芸倶楽部は西校舎1階ロビーで陶器の販売を行っている。陶器はすべて部員が作ったもので、成形から釉薬の調合、窯で焼くに至るまで部員が手掛けている。これらの設備は日吉キャンパスにあり、普段から陶器を作る活動をしているという。また夏休みに栃木県益子町にて作った陶器も販売されている。4日間でおよそ200~300もの陶器を販売し、毎年用意したものはほとんど売り切れるほど好評で、リピーターも多いという。手作りで一つ一つの形が違うため、価格は100~800円程と幅があるが、手頃な値段で購入することができる。交渉次第では安く販売することもあるそうだ。

「普段何気なく使う器も、良い器で食べると料理の味が違ってくる。手頃な値段で買えるので、ぜひそれを感じてみてほしい」と石原瞭さん(理2)は話す。使いやすさの中に美しさを見つけるという「用の美」を追求した陶器を、手にしてみてはいかがだろうか。
(杉浦満ちる)

関連記事

  1. 慶大ソッカー部員に聞きました!2014W杯・早慶戦特集
  2. 【三田祭速報】香りで・味で 魅せる焼きうどん
  3. 【矢上が創る未来】電子工学科 黒田忠広教授
  4. パジャマを届けるボランティア
  5. フェアプレーの精神で世界に挑む アルティメット日本代表 法学部2…
  6. BPS株式会社 塾生時代に培った実学を基に設立
  7. 【就職活動特集・下】株式会社資生堂 美しい生活文化の創造
  8. 大学教員が語る「学生生活」~商学部准教授 安田 公美君
PAGE TOP