WEB限定記事

【三田祭速報】ペンの奥深さに注目あれ! ペン回し研究会

皆さんはペン回し研究会をご存じだろうか。2009年頃からペン回しが流行し、それをきっかけに発足したのがこのペン回し研究会である。ペン回し研究会では、日々自分に合った改造ペンの作成や、ペン回しの技を部員みんなで話し合いながら開発するといった活動を行っているそうだ。

ペン回し講座は、院校舎4階343A教室にて行われている。このブースでは、部員たちが初心者でもできる簡単なペン回しの技を伝授してくれる。ペン回しは、コツをつかむと初心者でもすぐに1、2個の技を習得することができるのだとか。取材スタッフも、実際に1つ技を伝授していただいた。一見難しそうだったが、技が成功した時の快感は何とも言えないものであった。

ペン回し研究会の現代表である後藤さん(理2)は「ペン回しはマイナーだがとても奥が深く、1度はまると抜け出せなくなるほど、とても魅力的な世界だと思います」と話す。是非、あなたもこの魅力的なペン回しの世界を体験してみてはいかがだろうか。
(鈴木里実)

関連記事

  1. 【再発掘×紙の魅力】ZINEに紙媒体の良さを見出す ブックディレ…
  2. 実験SFC SFC生アンケート 未来創造塾滞在型教育プログラム
  3. 慶大で学ぶ元社会人~学生生活にかける想い
  4. 春から始まる新生活 パソコンは買うべき?
  5. 創設者・福澤諭吉の精神を引き継ぐ自然科学教育
  6. 《夏の博物館・美術館特集》明治150年記念 明治の夢二(竹久夢二…
  7. 《特集》ミスター慶應2018 グランプリに選ばれるのは
  8. 【500号Project 伝-慶應の足跡-】JOC会長 竹田恆和…
PAGE TOP