報道

慶大准教授を逮捕 徳島大病院で収賄の疑い

大阪地検特捜部は、慶大環境情報学部の森川富昭准教授を収賄の疑いで先月11日に逮捕し、先月26日に起訴した。森川氏は慶大に移籍する以前に徳島大病院に在籍。同病院では2009年3月から12年3月にわたり、病院情報センター部長を務めていた。その在任時、病院で使用する医療情報システムを発注する際に有利に取り計らう見返りとして、コンピューター開発会社「ダンテック」(兵庫県明石市)の高橋徹元代表取締役から現金を複数回にわたって受領したとされている。

森川氏は2012年から環境情報学部で准教授を務め、医療情報学、医療経営学などを専門としていた。今年度も複数の講義を担当していた。

関連記事

  1. 三田祭前夜祭 flumpoolに決定 11月8日に日吉記念館で
  2. 義塾が新たな学術・文化施設建設へ 2020年度に完成予定
  3. センター利用入試を廃止 FIT入試B方式を導入へ
  4. シェドマイユ氏に名誉博士号
  5. SFC七夕祭開催~テーマは「届け、ココロ。」
  6. 慶大生逮捕 強制わいせつ未遂の疑い
  7. SFC デング熱患者を確認 「感染の拡大は起こらない」
  8. 義塾予算 記念事業に190億円~薬学部新設の影響も大







PAGE TOP