スポーツ

【バスケ展望】新チーム好発進 念願の早慶戦勝利も視野に

新チームに代替わりしてから初の大会となる六大学バスケットボールリーグ。新ヘッドコーチの指揮の下、慶大は見事全勝を果たし、六大学を制した。新チームの完成度は高く、早慶戦や秋季リーグでの活躍が期待される。

第72回早慶戦は6月2日に日吉記念館で行われる。昨年、一昨年と2連敗を喫し、成績は34勝37敗と負け越している。だが、六大学リーグで早大に快勝した今年は、久しぶりの白星を狙えそうだ。

勝敗のカギを握るのはやはり4年生だ。エースガードの伊藤(環4)が新キャプテンとなり、鋭いアシストと内外問わない得点力を武器にチームを引っ張っていく。また、副将吉川(環4)も優れた体幹からバスケットカウントを次々に決め、慶大の得点源となっている。そして何よりフォワードの権田(政4)だ。高身長を武器にインサイドで得点を重ねるほか、アウトサイドシュートも量産する。彼ら4年生が慶大に勝利をもたらすだろう。 (森俊貴)

関連記事

  1. 関東大学バスケットボールリーグ 一時浮上も最下位に 残留賭け入れ…
  2. インサイドウォッチ・早慶バスケ~バンキシャが分析する早慶戦
  3. ソッカー部 松井拓未主将
  4. [バスケ]関東バスケットボールリーグ戦 まずまずの滑り出し 一部…
  5. 慶大野球部 春から一転5位に沈む 投打ともに調子戻らず
  6. サッカー 早慶戦勝利でインカレに望み繋ぐ
  7. <東京六大学野球 法大にあと一歩及ばず、悔しさ晴らす秋季リ…
  8. 田上、3000メートルで優勝 ~スピードスケート全日本選抜
PAGE TOP