報道

白村投手、球界へ

会見で決意を表明した白村投手

慶大から三年連続でプロ入り

慶大野球部の白村明弘投手(商4)が先月24日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、ドラフト6位で北海道日本ハムファイターズに指名された。

最速150㌔超の速球が武器の白村投手。昨年秋からチームの柱として台頭するも、今年の春季リーグでは制球に苦しみ、本来の投球ができなかった。今季はリリーフへと転向したことで再起。10試合に登板し、3勝3敗、防御率2・73の成績を残した。

日吉キャンパス協生館にて会見が開かれた。白村投手は「諦めていた部分もあったが、こういう形で指名していただきホッとしている。指名を後悔させないよう、チームのために力を尽くせるような投手になりたい」と決意を表明した。

関連記事

  1. 《甲子園という魔物》(第6回)審判人生の終わり、頭よぎった 甲子…
  2. 塾生代表選挙 立候補条件変わる
  3. 好き嫌い、脳波から抽出 簡易計測器 装着1分、評価法も一新
  4. 六大学野球春季リーグ開幕直前分析
  5. 第四校舎独立館利用開始へ
  6. 慶應義塾 電通とセカンドライフ共同研究~同空間内にキャンパス設置…
  7. マイクロソフト世界学生大会 塾生がワード部門8位入賞
  8. 【Campus News Network】SFC初代学部長 加藤…
PAGE TOP